Archive | November, 2011

Qualified Top8s players in SuperSeries Finals revealed

来月14~18日に中国・柳州で開催されるスーパーシリーズ(SS)ファイナルへの出場資格を得た選手が明らかになった 世界バドミントン連盟(BWF)が、前週終了したチャイナオープンSSプレミアの結果を反映して28日に発表したSSランキング(※)で、各種目上位8番目までの選手が出場できる。ただ1カ国・地域に付与される出場枠は2つに制限されているため、同国・地域の選手が3人/組以上、SSランク8位以内に入った場合、上位2人/組以外の選手は対象から外れる (※SSランキングは通常の世界ランキングとは異なり、SSプレミアとSS、合わせて12大会で得たポイントのみで算定される) 日本選手は、男子シングルス2人、女子シングルス1人、男子ダブルス1組、女子ダブルス2組、混合ダブルス1組が出場権獲得。負傷などによる辞退がなければ、そのまま確定する

Continue reading

5 out of 5 : Chinese Pair’s Complete Domination of SS PREMIERs

チャイナオープンSSプレミア決勝、中国女子ダブルスのユー・ヤン/ワン・シャオリ組が優勝し、今年新たに設けられた五輪と世界選手権に続く上位大会、「SSプレミア」の5大会(韓国オープン、全英オープン、インドネシアオープン、デンマークオープン、チャイナオープン)完全制覇を達成した ユー/ワン組はSSプレミア全勝のほか、世界選手権とアジア選手権で金メダルを獲得するなど、今期10勝目。すべての種目の選手の中で唯一、ロンドン五輪出場権を争うオリンピックレースのランキングポイントが10万ポイントを突破し、2位以下を大きく引き離して世界ランク1位の座を維持している

Continue reading

World No.1 beaten by World Champ in Semi again

チャイナオープンSSプレミア準決勝、男子ダブルスの佐藤翔治・川前直樹組と女子ダブルスの藤井瑞希・垣岩令佳組はいずれも格上にストレート負けで、決勝進出はならなかった 男子シングルスでは、前週の香港オープンSSに続き、世界選手権チャンピオンのリン・ダン選手(中国)が世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)を下した。今年の対戦成績を4勝1敗とし、マカオオープングランプリ(GP)ゴールドと中国・柳州SSファイナルの残り2大会で対戦の可能性を残しているものの、年間の勝ち越しを決めた

Continue reading

2-pair of Japanese ready for Semis in Superseries Premier

チャイナオープンSSプレミア準々決勝、男子ダブルスの佐藤翔治・川前直樹組と女子ダブルスの藤井瑞希・垣岩令佳組が、ベスト4に勝ち残った 佐藤・川前組は、前週の香港オープンSSで優勝した世界ランク1位のカイ・ユン/フー・ハイファン組(中国)と対戦の予定だったが、フー選手が体調を崩し棄権したため、不戦勝で準決勝に進んだ 佐藤・川前組は今年、ロシアオープングランプリ(GP)優勝、オーストラリアオープンGPゴールド準優勝、マレーシアオープンSSとUSオープンGPゴールドでベスト4の成績を収めている。ただSSプレミアでは、韓国オープン、全英オープン、インドネシアオープンでいずれもベスト16どまりだった オリンピックレースが熾烈になる中、現在世界13位とロンドン五輪出場圏外にいる佐藤・川前組にとって、今年最後のSSプレミアで巡ってきたチャンス。この機を生かしさらに多くのランキングポイントを稼げるかどうかは、今後のレースに大きく作用してくる

Continue reading

It’s time to strike back for Ayaka/Misaki

チャイナオープンSSプレミア2回戦、女子ダブルスで高橋礼華・松友美佐紀組が、日本チームの先輩で世界選手権銅メダリストの末綱聡子・前田美順組を逆転(14-21,21-19,21-14)で下し、フルゲームの末に敗れた8月の世界選手権のリベンジを果たした 藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)と松尾静香・内藤真実組(世界7位)も勝ち、ベスト8の中に日本ペアが3組残った

Continue reading