Archive | February, 2012

Crucial European tour begins from Germany

オリンピックレース最後の欧州ツアーの初戦、ドイツオープングランプリ(GP)ゴールドが28日、開幕した。初日は各種目の予選と男子シングルス1回戦が行われ、男子シングルスの佐々木翔、山田和司両選手は順当に2回戦に勝ち進んだ(田児賢一選手はこの大会への出場を回避)。一方、混合ダブルスの平田典靖・前田美順組は敗れ、本戦に進めなかった Advertisements

Continue reading

LEE Chong Wei’s story (1)

男子シングルス世界ランク1位、マレーシアのリー・チョンウェイ選手(以下チョンウェイ、敬称略)が1月に出版した著書「Dare to be a Champion」。現役バドミントン選手では初めてとされるこの自伝を読む機会を得たので、数回に分けてその内容の一端に触れる 北京オリンピック直後の2008年8月21日以来、3年半の長きに渡り世界トップの座を維持しているチョンウェイは、1982年10月21日、マレーシアのペナンに生まれた

Continue reading

Local week-end tournament with prize money in The Philippines

フィリピンで今週末から行われているトーナメントを紹介する。パスタなどを扱う地元の食品会社がスポンサーを務める毎年恒例の大会で、種目はシニアの男女・混合ダブルスと、ジュニア(年齢別)のシングルスとダブルスがある。今回はのべ800人余りが参加しており、2週末(計4日)で全日程が消化される 選手は協会などへの事前登録の必要はなく、大会の約1週間前までに指定の用紙を通じて申し込みを行い参加費を支払えば、誰でもエントリーできる。ユニフォームなどの規定もない 例えば参加者の最も多いシニアの男子ダブルスは、オープンクラスとA~Gの全部で8つのレベルがあり、それぞれ小グループに分かれて予選リーグから戦うため、初心者からナショナルチームのメンバーまで、誰もが少なくとも3試合はできる仕組みになっている

Continue reading

‘PRAY n PLAY 4 JAPAN’ from Japan (7)

女子ダブルス世界ランク5位(※当記事更新日に発表された最新の世界ランキングで6位から5位に上昇)の松尾静香・内藤真実組が、BadPaL が昨年3月以降アジアで実施している東日本大震災の被災者支援活動「PRAY&PLAY for JAPAN」に協力してくれた 先ごろ幕を閉じた国別対抗戦ユーバー杯アジア予選で、準決勝と決勝を含む出場した試合にすべて勝ち、優勝に貢献した松尾・内藤組。しかしロンドン五輪出場をかけたオリンピックレースでは、世界ランク1ケタを長く維持しながら、日本が強いこの種目で国・地域ごとに割り当てられる出場枠(最大2枠)により、当落線上にいる。微妙な立ち位置だが、それでもこれまでコツコツとランキングポイントを積み重ねてきた結果、今、自力で出場権をつかみとれるポジションを得ている

Continue reading

Runner-up Japan needs step-up to catch-up with mighty China

男子の国・地域別対抗戦トマス杯のアジア予選決勝が19日行われ、前日のユーバー杯決勝に続いて、日本と中国が対戦した。シングルスとダブルスのエース不在の中国に日本がどこまで迫れるかが注目されたが、結果は中国が日本を3タテで降し、強さを見せた

Continue reading