Archive | June, 2013

Disappointing result but satisfying process for Runner-up Japanese

シンガポールオープンSS決勝、高橋礼華・松友美佐紀組は、デンマークオープンSSプレミア(昨年10月)、マレーシアオープンSS(1月)に続き、3たび中国相手に初のSSタイトル獲得に挑んだが、敗れ、準優勝に終わった。ただ試合内容は過去2度の決勝とは異なり、攻守両面で日本ペアの成長がみられた 今回決勝で対戦した中国ペアは、ロンドン五輪金メダルのツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組。高橋・松友組は、前週のインドネシアオープンSSプレミア準々決勝でファイナルゲーム18-13と追い詰めながら逆転負けを喫していたため、リベンジを狙っていた Advertisements

Continue reading

Ayaka/Misaki to face Olympic Gold medalist again in the final

シンガポールオープンSS準決勝、ここまで進んできた上田拓馬選手と高橋礼華・松友美佐紀組のうち、高橋・松友組が、昨年の池田信太郎・潮田玲子組に続き、日本勢として2年連続となる決勝の舞台に立つ 高橋・松友組の対戦相手は、3連敗中の中国ペアをファイナルゲームで破ったインドネシアのピア・ゼバディア・ベルナデス/リズキ・アメリア・プラディプタ組。高橋選手は、「勝てるチャンスがより大きくなると思った。しかしビデオを見てみると、勢いがあると感じ、警戒して臨んだ」と話した。対戦成績は、2月に所属チームで参戦したクラブ対抗戦インドネシアスーパーリーガを含め、過去4戦4勝。ただそのうち3戦がファイナルゲームまでもつれる試合で、余裕があったわけではないという

Continue reading

Takuma advances to Semifinals in SS for the first time

シンガポールオープンSS準々決勝、男子シングルスの上田拓馬選手が、桃田賢斗選手との日本人対決を制し、初めてSSで準決勝に進んだ 試合は、攻めの姿勢を前面に出した上田選手が常にリードする展開。桃田選手も時折、良いショットで応戦するが、追い上げるまでには至らず、上田選手が全体を通して危なげなく勝利を収めた 上田選手は試合後、BadPaL の取材に応じ、2日連続の日本人対決に臨むに当たり、「相手は年下で世界ランクも下だったのでプレッシャーはあった。ただ、引くのではなく、自分らしい思い切ったプレーができたのが良かった」と述べた。一方、敗れた桃田選手は、「日本人が相手ということより、緊張感の中でベストのプレーをする難しさを感じた」とコメント。優勝した世界ジュニア選手権の時と違うのは、「やったことのない体育館で、風があったこと」と指摘し、シニア大会での経験不足が敗因となったことを示唆した。

Continue reading

MOMOTA defeats rival from junior days as champion

シンガポールオープンSS2回戦、日本の男子シングルス2人、男子ダブルス3組、女子ダブルス2組が勝ち、準々決勝に進んだ。先陣を切って登場した男子シングルスの桃田賢斗選手は、予選勝ち上がりながら前日の1回戦で佐々木翔選手を破ったマレーシアのグ・カンロン選手を寄せ付けず、日本選手の中でベスト8一番乗りを果たした 桃田選手自ら「今回が3度目」と話す通り、2011年アジアジュニア(U19)選手権を含め、ジュニア時代に対戦経験のある相手だったが、試合後、BadPaL の取材に応じ、「勝てると思って試合に臨んだ」とはっきり語った。勝因に挙げたのは、フォア奥からのクロスカットに象徴される、相手のウィニングショットを抑えられたこと。久しぶりの対戦で、相手に自分の成長を見せられたかとの問いには、「気持ちの部分で、世界ジュニアチャンピオンとして、『俺の方が強い』という思いで試合に臨んだ」と力強く語った

Continue reading

Three Japanese men survive an hour long matches in Singapore

シンガポールオープンスーパーシリーズ(SS)1回戦、深夜にまで及んだこの日の試合を勝ち抜けた日本勢は、男子シングルス4人、女子シングルス3人、男子ダブルス3組、女子ダブルス3組、混合ダブルス2組。とりわけ男子シングルスでは、田児賢一、上田拓馬、坂井一将の3選手が、どちらに転んでもおかしくないファイナルゲームまでもつれる1時間を越える接戦をものにして、2回戦に進んだ 田児選手は前回2001年の世界選手権初戦をはじめ、ここまで2戦して勝ちのないインド、アジャイ・ジャヤラム選手を初めて破った。試合後、BadPaL の取材に応じ、「今日の出来はそんなに良くなかった。やりづらさはあったが、むしろ、照準を合わせていた前週のインドネシアオープンSSプレミアで1回戦負けしたことでプレッシャーはなかった。ファイナルゲームはたまたま勝ったようなもの」と熱戦を振り返った

Continue reading