Top shuttlers gather in China for season’s last SUPER1000

ワールドツアー最上位に位置する「SUPER1000」3大会の1つ、中国オープンが18日、常州で開幕した。19日までに各種目1回戦を終え、日本勢は男子ダブルス陣が全滅した

Continue reading

Yuki/Sayaka manages to reach final along with Kento,Nozomi

ジャパンオープン準決勝、日本女子ダブルス陣最後の砦、福島由紀・廣田彩花組がこの種目、日本勢として3年連続で決勝枠に入った。シングルスでは桃田賢斗と奥原希望が勝ち、3度目の同時優勝へ可能性を残した

Continue reading

Japanese women secure final slot in Singles,only one left in Doubles

ジャパンオープン準々決勝、日本勢は男子ダブルスを除く4種目で準決勝に残った。女子シングルスが既に決勝枠を確保したのに対し、女子ダブルスは残り1ペアとなり、予想に反し「苦戦」している

Continue reading

Finalists of World and Asiad sent home without reaching Quarters

ジャパンオープン2回戦、各種目のベスト8が出揃い、日本勢はシングルス4人、ダブルス5ペアが残った。一方、園田啓悟・嘉村健士組、高橋礼華・松友美佐紀組をはじめ、今大会の前に行われた世界選手権とアジア大会のファイナリストが相次ぎ姿を消している

Continue reading

Three B-pairs make it through first round in their first SUPER750

ジャパンオープンは11、12両日で各種目1回戦を終え、日本勢優勢の女子ダブルスでは、B代表ながら特例的に出場機会を得た3ペアが2回戦に進んだ

Continue reading

Upgraded Japan Open about to begin at Tokyo Olympic venue

ジャパンオープンが11日開幕する。今年から大会格付けが「SUPER750」(賞金総額70万ドル)に引き上げられ、予選なし。各種目上位32人/ペアしか出場できなくなり、日本勢はこのところ国外で結果を残し続けるA代表が自国優勝を狙う。また、出場権を得た一部のB代表にとっては、日本バドミントン協会がエントリーを認める今シーズン最後の上位大会となるため、A代表を含む世界ランク上位を上回る結果が求められる

Continue reading

Japan’s World C’ships medalists claim SUPER300 titles in Barcelona

スペインマスターズ(SUPER300)は8月28日~9月2日、バルセロナで開催され、新旧の世界選手権メダリスト、永原和可那・松本麻佑組と三谷美菜津が優勝し、このレベルでは7大会中5大会目の日本勢によるタイトル獲得となった

Continue reading

Another silver for Ayaka/Misaki still the best result for Japan

アジア競技大会バドミントン競技は23~28日、個人戦が行われた。高橋礼華・松友美佐紀組は前回に続いて決勝に進んだが敗れ、銀メダル。それでも、4年に一度の大舞台でまた日本勢の中で最高成績だった

Continue reading

Japanese Women win triple crown as Team with victory at Asiad

アジア競技大会・バドミントン競技は19~22日、男女別団体戦が実施され、日本女子は1970年以来12大会ぶりの優勝を飾り、アジア団体選手権、ユーバー杯に続く今シーズン3つ目の団体戦タイトルを手にした

Continue reading