MS1

Last Day in Rio : Olympic Gold passed to the next generation in Men’s singles

リオ五輪バドミントン最終日、男子シングルスの決勝が行われ、3連覇を狙った宿敵リン・ダン選手を倒し悲願達成にあと一勝と迫ったマレーシアのリー・チョンウェイ選手は、中国チェン・ロン選手に敗れ、3大会連続で銀メダルに終わった。また、銅メダルはデンマークのビクター・アクセルセン選手が手にし、ようやく、この種目の世代交代が進んだ

Continue reading
Day 9-3

Day 9 in Rio : China era of dominance in WS ended by Carolina

リオ五輪バドミントン競技9日目、2000年シドニーから4大会連続で中国が独占してきた女子シングル女王の座に、新たにスペインのカロリナ・マリン選手がついた。非アジア圏の選手がこの種目で金メダルを取るのは初めて。一方、男子シングルス準決勝注目のライバル対決は、マレーシアのリー・チョンウェイ選手が2大会連続金メダルの中国リン・ダン選手を五輪で初めて下し、決勝に進んだ

Continue reading
Day 8-4+

Day 8 in Rio : World No.1 finally becomes World’s best, Ayaka and Misaki shine Gold

リオ五輪バドミントン競技8日目、女子ダブルス決勝で高橋礼華・松友美佐紀組がデンマークペアを逆転で破り、前回ロンドンの藤井瑞希・垣岩令佳組の銀メダルを上回る、日本バドミントン界にとって史上初の五輪金メダルをつかみとった

Continue reading
XD INDN+

Day 7 in Rio : Indonesia regains Olympic Gold and pride

リオ五輪バドミントン競技7日目、混合ダブルス決勝が行われ、タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組がインドネシアにこの種目初めての金メダルをもたらし、前回ロンドンでバドミントン王国が味わったメダルなしの屈辱を晴らした。男子シングルスでは、北京、ロンドンと2大会連続で決勝を戦った2人、リン・ダン選手とリー・チョンウェイ選手が準々決勝に勝ち、19日の準決勝で3たび対戦する

Continue reading
Exclusive interview with Ayaka

Protected: World No.1 ain’t World’s best yet ~ Ayaka TAKAHASHI

There is no excerpt because this is a protected post.

Continue reading
interview-with-nozomi-in-kl

Protected: Back on the right track at the right time ~ Nozomi OKUHARA

There is no excerpt because this is a protected post.

Continue reading
A court in Rio

Day 6 in Rio : Nozomi breaks mental barrier through Akane to step closer to the podium

リオ五輪バドミントン競技6日目、女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組は、5月のユーバー杯で敗れた韓国のエースペアをストレートで退け決勝に進み、金メダルまであと1勝とした。決勝の相手は、想定されたユー・ヤン選手率いる中国ではなく、デンマーク。一方、日本注目の女子シングルス同国対決は、あえて期待とプレッシャーを背負い今大会に乗り込んだ奥原希望選手が、精神的な壁を破って山口茜選手に勝利。目前に迫ったメダル獲得へ弾みをつけた

Continue reading
A court in Rio

Day 5 in Rio : Men down, Women still standing

リオ五輪バドミントン競技5日目、準々決勝に臨んだ女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組は勝って、この種目、日本勢として北京、ロンドンに次いで3大会連続でベスト4を守った。一方、男子ダブルスの早川賢一遠藤大由組は惜しくも敗れ、ベスト8で力尽きた。また、女子シングル決勝トーナメント1回戦では、奥原希望選手と山口茜選手が勝利。ベスト8に入り、準々決勝で直接対決する

Continue reading
A court in Rio

Day 4 in Rio : Nozomi and Akane enter last 16 while Sho ousted from his last Olympic

リオ五輪バドミントン競技4日目、男女シングルスの一次リーグ最終戦が行われ、初出場の日本の女子2人、奥原希望選手と山口茜選手が勝ち、揃って決勝トーナメント進出を決めた。一方、前回ロンドンに続いての出場を果たした男子の佐々木翔選手は敗れ、2度目にして最後となる五輪を終えた

Continue reading
A court in Rio

Day 3 in Rio : Kenta/Ayane to face reigning Olympic and World champ

リオ五輪バドミントン競技3日目、既に決勝トーナメント進出を確定させていた日本のダブルス3ペアのうち、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組と女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組が一次リーグ1位通過を決めた。混合ダブルスの数野健太・栗原文音組は2位通過となり、休息日をはさむほかのダブルス2種目に先駆け、あす14日、上位8ペアによる準々決勝に臨む

Continue reading
A court in Rio

Day 2 in Rio : Japanese shuttlers into QTR in MD,WD and XD

リオ五輪バドミントン競技2日目、日本のダブルス陣が初日に続いてすべて勝利し、早々に一次リーグ突破を決めた。この日、五輪初登場となった女子シングルスの2人、奥原希望選手と山口茜選手も順当に勝ち、日本勢はここまで、ひとつも負けなし

Continue reading
Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 52 other followers