Day 4 in Dubai : Higher ranked five Japanese women become finalists

SSファイナル4日目(16日)、SSランキング1位と2位の日本の女子選手5人が、順当に決勝まで勝ち上がった。日本勢がファイナルの最終日に残るのは、ドバイで4年連続

Continue reading

Day 3 in Dubai : Koharu-Shiho recovers from first loss to make semis as no. 1

SSファイナル3日目(15日)、女子ダブルスSSランキング1位の米元小春・田中志穂組は、いきなり黒星を喫した初戦の不調を立て直し、この日は昨年のファイナル、今年の世界選手権を制した中国ペアを破って、最終戦までもつれた混戦の一次リーグ・グループAを1位で突破した

Continue reading

Day 2 in Dubai : Keigo-Takeshi beats Male Player of the Year

SSファイナル2日目(14日)、園田啓悟・嘉村健士組は、2017年最優秀男子に選出されたマルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ組(インドネシア)を1年ぶりに同じドバイで降し、一次リーグ、グループ内唯一の負けなし。決勝トーナメント進出へ大きく前進した

Continue reading

Day 1 in Dubai : Most improved Yuki-Sayaka makes Finals debut in win

SSファイナル1日目(13日)、一次リーグ初戦が行われ、福島由紀・廣田彩花組がドバイ・デビュー戦を勝利で飾った。ほかに、2年連続出場の山口茜選手と園田啓悟・嘉村健士組が白星発進した

Continue reading

Last Dubai Finals ready to go after group round draws revealed

13日の開幕を前に、最後のスーパーシリーズ(SS)ファイナル、一次リーグの組分け抽選会が11日、アラブ首長国連邦・ドバイで行われ、女子シングルスの日本選手2人が同じグループに入った

Continue reading

Top shuttlers to face tough 2018 under obligation to participate 12

かつて日本が世界で勝てなかったころ、代表選手は下位大会を数多くこなし、少ないポイントを積み重ねることで世界ランクの引き上げに努めてきたが、今シーズン、スーパーシリーズ(SS)12大会中10大会でファイナリスト輩出と状況は一変した。ただ来シーズンは、賞金額引き上げに伴う大会の質向上を狙い出場義務が拡大され、とりわけトップ選手を過密なスケジュールが待ち受ける

Continue reading

First thing Kento must do to catch up with real rivals

桃田賢斗選手が、国際舞台復帰から5カ月でA代表入りを確定させた。ただ、5大会連続優勝を遂げた今シーズン対戦してきた相手より一段上のレベルにいる、世界選手権覇者ビクター・アクセルセン選手をはじめとする真のライバルたちと再び対等に戦っていくには、上位大会への出場を繰り返し、そこで勝つ感覚を取り戻していくしかない。そのためにクリアすべき最初のハードルは、来年1月末時点の世界ランク32位となる

Continue reading

Japanese shuttlers bag total 7-title throughout last season of GP Gold

最後のグランプリ(GP)ゴールド、コリアマスターズが11月28日~12月3日に韓国・光州で開催された。全日本総合選手権と日程が重なり日本選手のエントリーはなし。日本勢は結局、合わせて7つのタイトルを獲得して、GPゴールド最後のシーズンを終えた

Continue reading

Team Akita invited to Superliga Junior in Indonesia

インドネシアのクラブ対抗リーグ「スーパーリーガ」は5日、新たにアジア3カ国からU19(19歳未満)のチームを招いて、国際版「スーパーリーガジュニア」をスタートさせた。国内のクラブ間で実施されていたものを国際大会に拡大。初回の今年は、日本から秋田の選抜チームが参戦している

Continue reading