petalingj

Shuttlers of Petaling J lift Purple League title by giving it their all

SSパープルリーグは12日、決勝を行い、総当たり戦4位ながら、プレーオフに入ってから総力戦で優勝候補を次々と倒して勝ち上がったプタリンジャヤBCが、頂点に立った

Continue reading
k-m

Unseeded Puchong U and Petaling J grab tickets to PurpleLeague final

SSパープルリーグ準決勝、準々決勝から勝ち上がったプチョンユナイテッドBCとプタリンジャヤBCが、第1シードのムアルBC、第2シードのBUドラゴンズBCをそれぞれ撃破し、決勝に進んだ

Continue reading
tai3

Current WS No.1 does her job, former No.1 fails in PurpleLeague playoff

SSパープルリーグは9日、1月まで行われた総当たり戦の上位6クラブによるプレーオフに突入。新たに女子シングルスに世界ランク1位の台湾タイ・ツーイン選手を迎えたプチョンユナイテッドBCが勝ち、準決勝に進んだ。一方、元世界1位の中国ワン・イーハン選手を加えたプタリンBCは敗れ、明暗が分かれた

Continue reading
chenlong

CHEN,ZHANG and LUOs contribute to Qindao’s victory in China League

中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)は春節の休暇を挟んで1日に再開された。1月14日まで行われた総当たり戦で上位に入った4クラブがプレーオフに臨み、リオデジャネイロ五輪男子シングルス金メダルのチェン・ロン選手率いる青島仁洲がタイトルを手にした

Continue reading
sj-akane

Corporate League in Japan and Professional Leagues in Asia

S/Jリーグ(旧日本リーグ)は、29日までに13日間の全日程の内、9日を消化し、残りは2月の4日間(4、5、11、12日)となった。個々の会場では運営者側の尽力などで、変化の兆しがみられる。ただ全体的には、アジアで盛んになっているプロリーグに比べ、とりわけ観戦スポーツとしての人気拡大につなげる運営手法や集客の働きかけは従来のやり方を脱し切れておらず、新たな試みを続けるアジアを先導するところまでは至っていない

Continue reading
pbl2

CHENNAI Smashers win Premier League title

インドのプロリーグ「プレミアバドミントンリーグ(PBL)」は、プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ選手率いるチェンナイ・スマッシャーズの優勝で、2週間続いた熱戦に幕を閉じた

Continue reading
superliga17

2 in Men 3 in Women,Japanese clubs to join Indonesia SuperLiga (Revised)

男女別国際クラブ対抗戦「ジャルムスーパーリーガ」が、2月19~26日にインドネシア・スラバヤで開催される。それに先立ちジャカルタで11日、記者会見が開かれ、参戦を表明したクラブが発表された

Continue reading
moe4

Six clubs advancing to final stage in February confirmed : Day 21 of Purple

SSパープルリーグ21日目、初戦に勝った荒木萌恵選手が2戦目に臨んだが、足を痛めて無念の途中棄権となった。リーグ戦最終日のこの日、10クラブの順位が確定し、トップに立ったムアルBCをはじめとする上位6クラブが、2月の決勝トーナメントで優勝を争う

Continue reading
tago-chongwei

ChongWei wins in XD with Yunlei, TAGO loses for first time : Day 20 of Purple

SSパープルリーグ20日目、プタリンBCが男子シングルス世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手を中国ツァオ・ユンレイ選手と組ませて混合ダブルスに起用したことで、会場は今シーズン最高の盛り上がりを見せた。ただ、クラブは田児賢一選手が初黒星を喫するなどして敗れ、順位を落とした

Continue reading