keigo SONODA / Takeshi KAMURA @archives

Korea Open SS kicks off without Olympic medalists in singles

ジャパンオープンに続いて、韓国オープンスーパーシリーズ(SS)が27日に開幕。エントリーしていた選手のうち、東京ではプレーしたリー・チョンウェイ選手、ビクター・アクセルセン選手、奥原希望選手が出場を取りやめたことで、リオデジャネイロ五輪シングルスのメダリストゼロの上位大会になった

Continue reading
f-danish-pair

Danish pair finally grabs Gold after 3 major Silvers

ジャパンオープンSS決勝、リオデジャネイロ五輪銀メダルのデンマークペアが金メダルの高橋礼華・松友美佐紀組を破って優勝した。カミラ・リタ・ユール選手は試合後、BadPaL の質問に、「ようやく金メダルが取れた」と感慨深げに答えた。世界バドミントン連盟(BWF)会長のポール・エリック・ホイヤー氏もデンマークの先輩の立場で、「いいリベンジだった」と後輩2人の勝利を称えた

Continue reading
sf-ayaka-misaki

Olympic final rematch, Ayaka/Misaki to face Danish rival

ジャパンオープンSS準決勝、日本からシングルス2人、ダブルス3組が決勝進出を狙ったが、勝ち残ったのは高橋礼華・松友美佐紀組のみ。決勝では今大会2年ぶり2回目の優勝、さらに日本勢として4年連続のジャパンオープンタイトル獲得に挑む

Continue reading
nozomi-akane

Former Asia Junior queens occupy semifinal slots at Japan SS

ジャパンオープンSS準々決勝、女子シングルスのベスト4に、日本人2人を含む歴代のアジアジュニア選手権覇者4人が並んだ。女子ダブルスでは、高橋礼華・松友美佐紀組のほか米元小春・田中志穂組が勝ち準決勝で対戦することになったため、2012年から続く日本勢のジャパンオープン決勝進出が決まった

Continue reading
Exclusive interview with Ayaka

Protected: World No.1 ain’t World’s best yet ~ Ayaka TAKAHASHI

There is no excerpt because this is a protected post.

Continue reading
interview-with-nozomi-in-kl

Protected: Back on the right track at the right time ~ Nozomi OKUHARA

There is no excerpt because this is a protected post.

Continue reading
mine

Five Japanese into Women’s singles quarter including two non-national

ジャパンオープンSS2回戦、女子シングルスのベスト8に、日本からリオ五輪代表の奥原希望、山口茜両選手を含む5人が勝ち残った。とりわけナショナルチームに属しない世界ランク日本6番手の峰歩美選手と11番手の高橋沙也加選手の躍進が光る。一方、ダブルスの五輪代表のうち、早川賢一・遠藤大由組と数野健太・栗原文音組は敗れ、姿を消した

Continue reading
natsuki

U19 Natsuki advances to 2nd round of SS making a good start for 2020

ジャパンオープンスーパーシリーズ(SS)が開幕した。4年後の東京五輪を視野にいれる若手を中心とした世界ランク低位の日本選手にとって、数少ない上位大会への出場機会。ここで1つでも上に勝ち進みランキングポイントを稼ぐことが極めて重要になる。

Continue reading
china96

Japan’s ‘Ninety-Sixers’ left behind by Chinese and Thai rivals

インドネシアマスターズグランプリ(GP)ゴールドが6~11日、東カリマンタン州バリクパパンで行われ、男子シングルスで中国シー・ユーチ選手がシニア大会初優勝を果たした。女子シングルスではタイのブサナン・ウンバンルンパン選手がGPゴールド2勝目。東京五輪でのメダル獲得を目指す1996年生まれの2人は、ジュニア時代に争った同年生まれの日本勢にシニアの実績で差をつけた

Continue reading
world-champs

Another challenge for Tokyo ~Para world champs from Denmark and Japan

ブラジル・リオデジャネイロで現地時間の7日、五輪から1カ月遅れでパラリンピックが開幕した。今回、リオでは実施されないが、4年後の東京で初めて正式種目になるパラバドミントン競技について、BadPaL が昨年来取材した東西の世界選手権覇者2人の話とともに紹介する

Continue reading
MS1

Last Day in Rio : Olympic Gold passed to the next generation in Men’s singles

リオ五輪バドミントン最終日、男子シングルスの決勝が行われ、3連覇を狙った宿敵リン・ダン選手を倒し悲願達成にあと一勝と迫ったマレーシアのリー・チョンウェイ選手は、中国チェン・ロン選手に敗れ、3大会連続で銀メダルに終わった。また、銅メダルはデンマークのビクター・アクセルセン選手が手にし、ようやく、この種目の世代交代が進んだ

Continue reading