Day 4 of WC : One more step to podium,16 shuttlers of Japan into QF

世界選手権4日目、各種目3回戦が行われベスト8が出揃い、日本勢の勝ち残りは16人。ほとんどがストレート勝ちの勝者と、わずかな差で涙を飲んだ敗者、明暗が分かれた

Continue reading

Day 3 of WC : Another giant falls, never easy to become World champ

世界選手権3日目も、前日に続いて波乱。ワールドツアーでは圧倒的な強さを誇る男子ダブルス第1シードのマルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョが、1勝も挙げられずに姿を消した

Continue reading

Day 2 of WC : Early exit for Akane, Earliest for LIN Dan

世界選手権2日目、女子シングルスで、腰痛発症による調整の遅れが懸念されていた第1シードの山口茜が「初戦」で敗れた。男子シングルスでは優勝5回の中国リン・ダンが敗退し、自身12度目の世界戦を「過去最速」で終えた

Continue reading

Day 1 of WC : No upset, End of road for Englishman in Basel

世界選手権は19日、スイス・バーゼルで開幕。初日は番狂わせなく、主力が順当に勝ち上がった。一方、10年前後出場を続けてきたベテランの中には、この日で一線を退く選手もいる

Continue reading

Nozomi meets Ratchanok at Mall, mutually beneficial rivalry continued

16年目を迎えた毎年恒例の「FDGカップ」が6月、フィリピン・マニラ首都圏で開催された。世界タイトルを持つ同世代のライバル2人、奥原希望とラッチャノク・インタノンがエキシビションに参加。ここでしか見られないペアを結成し、大勢の買い物客らで賑わうショッピングモール内で終始笑顔、息の合ったプレーを披露した

Continue reading

Mizuno introduces Made-in-Japan in Thailand with Indonesian duo

ミズノは今月初め、タイ・バンコクで試打会を兼ねたイベントを実施。ブランドアンバサダーを務めるヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサンも参加し、現地の子供たちらと交流した

Continue reading

2-week to go for World C’ships, draws revealed

世界選手権・バーゼル大会の組み合わせ抽選が5日、世界バドミントン連盟(BWF)本部のあるマレーシア・クアラルンプールで行われ、2週間後に開幕が迫ったメジャーイベントの初戦対戦カードが決まった

Continue reading

U19 Japan slips off podium at Asia Junior for first time since 2012

アジアジュニア選手権は20~28日、中国・蘇州で開催され、日本のU19(19歳未満)代表は前半の団体戦のみに出場。準々決勝敗退となり、初優勝した2012年以降で初めて、メダルを逃した。優勝はタイ

Continue reading

Akane,Kento win 2nd title in Tokyo to secure dual singles World no.1

ジャパンオープン(SUPER750)決勝、山口茜と桃田賢斗は自国開催の上位大会で2度目の優勝を成し遂げた。この結果、男女シングルス同時に日本選手が世界ランク1位に立つ

Continue reading

Five finalists taking aim at triple crown for host country

ジャパンオープン(SUPER750)準決勝、桃田賢斗、山口茜、奥原希望、永原和可那・松本麻佑が決勝に進み、自国開催の上位大会で初の3種目優勝に挑む

Continue reading