One man, four pairs of Japan advance to QF at Taipei Open

台湾オープン(SUPER300)は3日、台北アリーナで始まり、5日までに各種目のベスト8が出揃った。日本選手は、シングルス1人、ダブルス4ペアの合わせて9人が勝ち残っている Advertisements

Continue reading

Sarina SATOMI shines in Basel as another World champ from Japan

パラバドミントン世界選手権が20~25日、スイス・バーゼルで開催され、車いす(WH1)女子シングルスの里見紗李奈が、日本選手団の中で唯一優勝し、世界チャンピオンの座に着いた

Continue reading

Day 7 of WC : Kento, Wakana/Mayu retain world titles

世界選手権・バーゼル大会7日目(最終日)、5種目中4種目の決勝に進んだ日本選手のうち、桃田賢斗と永原和可那・松本麻佑が優勝し、2連覇を達成した

Continue reading

Day 6 of WC : Yugo/Takuro added to list of finalists

世界選手権6日目、各種目の準決勝が行われ、過去にファイナリストの実績がある日本選手6人に加え、男子ダブルスで小林優吾・保木卓朗がディフェンディングチャンピオンを倒し、初の決勝進出を決めた

Continue reading

Day 5 of WC : Good and unfortunate day for Japanese shuttlers

世界選手権5日目、準々決勝が行われ、混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗をはじめ、日本選手は全種目でメダルを確定させた。一方で、女子ダブルスの米元小春・田中志穂が途中棄権するという予期せぬ事態も発生した

Continue reading