Koki, last man standing after overcoming Taiwanese rival

台湾オープン準々決勝、男子シングルスの渡邉航貴が一度も勝っていなかったジュニア時代のライバルを打ち破り、「SUPER300」では自身初となるベスト4に入った。一方、ここまで順当に勝ち上がった女子ダブルスの3ペアは、いずれも「SUPER500」以上の大会を主戦場とするトップペアに敗れ全滅。厳しい現実を突き付けられた Advertisements

Continue reading

One man, four pairs of Japan advance to QF at Taipei Open

台湾オープン(SUPER300)は3日、台北アリーナで始まり、5日までに各種目のベスト8が出揃った。日本選手は、シングルス1人、ダブルス4ペアの合わせて9人が勝ち残っている

Continue reading

Sarina SATOMI shines in Basel as another World champ from Japan

パラバドミントン世界選手権が20~25日、スイス・バーゼルで開催され、車いす(WH1)女子シングルスの里見紗李奈が、日本選手団の中で唯一優勝し、世界チャンピオンの座に着いた

Continue reading

Day 7 of WC : Kento, Wakana/Mayu retain world titles

世界選手権・バーゼル大会7日目(最終日)、5種目中4種目の決勝に進んだ日本選手のうち、桃田賢斗と永原和可那・松本麻佑が優勝し、2連覇を達成した

Continue reading

Day 6 of WC : Yugo/Takuro added to list of finalists

世界選手権6日目、各種目の準決勝が行われ、過去にファイナリストの実績がある日本選手6人に加え、男子ダブルスで小林優吾・保木卓朗がディフェンディングチャンピオンを倒し、初の決勝進出を決めた

Continue reading