2-pair of Japanese ready for Semis in Superseries Premier

チャイナオープンSSプレミア準々決勝、男子ダブルスの佐藤翔治・川前直樹組と女子ダブルスの藤井瑞希・垣岩令佳組が、ベスト4に勝ち残った

佐藤・川前組は、前週の香港オープンSSで優勝した世界ランク1位のカイ・ユン/フー・ハイファン組(中国)と対戦の予定だったが、フー選手が体調を崩し棄権したため、不戦勝で準決勝に進んだ

Shoji SATO/Naoki KAWAMAE @archives

佐藤・川前組は今年、ロシアオープングランプリ(GP)優勝、オーストラリアオープンGPゴールド準優勝、マレーシアオープンSSとUSオープンGPゴールドでベスト4の成績を収めている。ただSSプレミアでは、韓国オープン、全英オープン、インドネシアオープンでいずれもベスト16どまりだった

オリンピックレースが熾烈になる中、現在世界13位とロンドン五輪出場圏外にいる佐藤・川前組にとって、今年最後のSSプレミアで巡ってきたチャンス。この機を生かしさらに多くのランキングポイントを稼げるかどうかは、今後のレースに大きく作用してくる

一方、藤井・垣岩組の相手は、世界選手権銅メダリストのジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ組(インド)。第1ゲームは接戦となり、先に19-20とゲームポイントを握られる苦しい展開となったが、ここから3連続得点で逆転勝ちした。続く第2ゲームは、中盤から抜け出し21-11と大差で勝負を決めた

Mizuki FUJII/Reika KAKIIWA @archives

世界3位の藤井・垣岩組はこれまでに開催された4つのSSプレミア大会で、◆韓国オープンベスト16◆全英オープン準優勝◆インドネシアオープンベスト4◆デンマークオープンベスト16――という結果を残している。しかし、このうち全英の決勝とインドネシアの準決勝という大舞台では、強豪が相手とはいえ、緊張またはプレッシャーから普段の実力からは考えられないようなミスを連発。本来のプレーをできないまま敗退しており、今大会でこうした課題をどこまで克服しているかも注目される

準決勝では、全英決勝で2-21,9-21と惨敗した世界1位のユー・ヤン/ワン・シャオリ組(中国)に挑む。過去の対戦成績は、藤井・垣岩組の0勝3敗

各種目準々決勝の結果

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈21-18,21-13〉佐々木翔(世界6位)、リン・ダン(中国、世界2位)〈21-17,21-14〉ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界18位)、ピーター・ゲード(デンマーク、世界4位)〈21-15,15-21,16-21〉シモン・サントソ(インドネシア、世界11位)、チェン・ロン(中国、世界3位)〈21-13,21-17〉チェン・ジン(中国、世界5位)

【女子シングルス】 リ・シュエリ(中国、世界13位)〈16-21,21-13,21-7〉ラッチャノク・インタノン(タイ、世界14位)、ワン・シン(中国、世界3位)〈21-10,21-15〉ヤオ・シュー(中国、世界203 位)、ベ・ヨンジュ(韓国、世界9位)〈17-21,22-20,16-21〉リュウ・シン(中国、世界11位)、ワン・イーハン(中国、世界1位)〈21-11,18-21,21-9〉ペトヤ・ネデルチェワ(ブルガリア、世界 18位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)〈不戦勝〉佐藤翔治・川前直樹組(世界12位)、 コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界4位)〈18-21,21-12,21-17〉クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア、世界5位)、マシアス・ボー/カールステ ン・モゲンセン組(デンマーク、世界3位)〈22-20,21-23,28-26〉マルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア、世界10位)、チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組 (韓国、世界2位)〈21-15,21-13〉グオ・ツェンドン/チャイ・ビアオ組(中国、世界9位)

【女子ダブルス】 ユー・ヤン/ワン・シャオリ組(中国、世界1位)〈21-11,21-9〉パン・パン/チェン・シュウ組(中国、世界39位)、藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)〈22-2o,21-11〉ジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ組(インド、世界18位)、高橋礼華・松友美佐紀組(世界16位)〈19-21,12-21〉タン・ジンフア/シア・フアン組(中国、世界54位)、ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界2位)〈21-10,21-7〉松尾静香・内藤真実組(世界7位)

【混合ダブルス】 ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)〈21-13,17-21,21-17〉チェン・フンリン/チェン・ウェンシン組(台湾、世界5位)、トーマス・レイバーン/カミラ・リ タ・ユール組(デンマーク、世界10位)〈16-21,20-22〉タオ・ジアミン/シア・フアン組(中国)、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組 (デンマーク、世界2位)〈21-17,21-15〉マニーポン・ジョンジット/サビトリー・アミタパイ組(タイ、世界25位)、ソンポン・アヌクリッタヤワン/クンチャラ・ウォ ラビチッチャイクン組(タイ、世界8位)〈22-20,21-17〉チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン組(マレーシア、世界9位)

 

準決勝の対戦カードは以下の通り。前週の香港オープンSSに続いて、男子シングルスの事実上の頂上対決、リー・チョンウェイリン・ダンが決勝より前に行われる。もう1つの山では、前週の東南アジア競技大会(SEA Games)を制し、今大会ではタウフィック・ヒダヤット(インドネシア)、ピーター・ゲード(デンマーク)というベテラン選手2人を下し勝ち上がってきたシモン・サントソ選手(インドネシア)が、第2シードのチェン・ロン選手(中国)とぶつかる

一方、女子シングルスは、第1シードの中国ワン・シーシャン選手が2回戦で早々に姿を消したものの、準決勝の4枠すべてを中国選手が占めている

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)対リン・ダン(中国、世界2位)、チェン・ロン(中国、世界3位)対シモン・サントソ(インドネシア、世界11位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界1位)対リュウ・シン(中国、世界11位)、ワン・シン(中国、世界3位)対リ・シュエリ(中国、世界13位)

【男子ダブルス】 チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組 (韓国、世界2位)対マシアス・ボー/カールステ ン・モゲンセン組(デンマーク、世界3位)、コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界4位)対佐藤翔治・川前直樹組(世界12位)

【女子ダブルス】 ユー・ヤン/ワン・シャオリ組(中国、世界1位)対藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)、ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界2位)対タン・ジンフア/シア・フアン組(中国、世界54位)

【混合ダブルス】 ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)対タオ・ジアミン/シア・フアン組 (中国)、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組 (デンマーク、世界2位)対ソンポン・アヌクリッタヤワン/クンチャラ・ウォ ラビチッチャイクン組(タイ、世界8位)

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: