Japanese men survive after Kento’s 2nd loss to Korean

男子の国・地域別対抗戦トマス杯、一次リーグを順当に首位通過して準々決勝に臨んだ日本は、いきなり桃田賢斗と小林優吾・保木卓朗で星を落とす厳しい状況に。それでも、チーム力で巻き返して、ベスト4に勝ち残った ~photo courtesy of BWF/BadmintonPhoto

Japanese women into semi without dropping single game

女子の国・地域別対抗戦ウーバー杯は14日、決勝トーナメントに入り、前回覇者の日本は一次リーグから1ゲームも落とさず、中国、タイ、韓国とともに準決勝へ進んだ ~photo courtesy of BWF/BadmintonPhoto

Another Medal, no Cup at Sudirman yet

スディルマン杯決勝、日本は4大会連続で中国の前に屈し、初優勝ならず。山口茜が前回決勝で敗れたチェン・ユーフェイに勝って一矢報いたが、中国勢が攻めの姿勢を貫いた男子2種目で明暗が分かれた ~photo courtesy of BWF/BadmintonPhoto

MD plays key role to lead team into Final

スディルマン杯準決勝、第2シードとして、第1シードの中国とともに順当に決勝に進んだ日本チーム。今大会、大事な位置付けにある男子ダブルスが初めて、重圧のかかる代表団体戦先鋒の役割を見事果たした ~photo courtesy of BWF/BadmintonPhoto