LinDan makes ChongWei miss the final for the first time in 2011

LinDan stops ChongWei before Final

香港オープンSS準決勝、リー・チョンウェイ選手とリン・ダン選手が激突した注目の男子シングルスの一戦は、リン選手が第1ゲーム中盤以降、試合をコントロール。リー選手にミスも出て、21-16,21-14のストレートで勝利。リー選手が年初来続けてきた、出場したすべての大会で決勝進出、という記録を止めた

第1ゲームは、リー選手が11-7とリードして折り返すが、後半にリン選手が逆転。リー選手に15-15でいったん追いつかれるも、突き放して21-16で勝利した。第2ゲームは逆にリン選手のリードでインターバルを迎え、その後、リー選手が追い上げ11-11で並ぶが、ここからリン選手がじりじりと引き離し、21-14で試合を決めた

リー選手は、この試合が、これまでリン選手と対戦した多くの試合の中で、最も悪いパフォーマンスの1つと述べた。一方、勝利したリン選手は、「デンマーク、フランスと2週連続の欧州大会、先週中国で行われたエキシビションと、試合続きでわれわれトップ選手は疲れている」と、敗れたリー選手を擁護するかのようなコメントを発した

世界ランク1位のリー選手は、今年の初戦となった1月の台湾SSファイナルから先月末のフレンチオープンSSまで、出場した11大会すべてで決勝進出(優勝7回、準優勝4回)を果たしてきた。今回、準決勝で敗れたことでこの記録は途絶えたが、年間を通じて、リン・ダン選手(韓国オープンSSプレミア、世界選手権、香港オープンSS)とチェン・ロン選手(ジャパンオープンSS、デンマークオープンSSプレミア)の2人にしか負けていない

なおリー選手は、この試合の後、しばらく時間を置いてから、地元メディアに対し、2013年に開催される次の世界選手権までは現役を続けると述べた。同選手は当初、ロンドン五輪後の引退をほのめかしていたが後に修正。大きなケガなどがなく、プレーの水準を高く維持できていれば、との条件つきで、まだタイトルを獲得していない世界選手権やアジア競技大会(2014年)に再度挑戦する意欲を見せていた

Tine of Denmark denies CHINA vs CHINA Final

女子シングルスでは、デンマークのティネ・バウン選手が、世界ランク1位のワン・シーシャン選手をフルゲームの末に下し、準決勝に進出した4人のうち3人を中国選手が占める中国包囲網の最初の関所を突破。準決勝のもう1つの試合で、世界2位のワン・イーハン選手を退けた世界3位のワン・シン選手とあすタイトルをかけて対戦する

バウン選手にとって、この2人のワン選手との過去の対戦成績は、対ワン・イーハン選手は5勝5敗の五分だが、対ワン・シン選手は0勝8敗とこれまで一度も勝てておらず、世界ランクとは関係なく、より苦手な相手が決勝に勝ち上がってきたことになる

Dane’s 3rd consecutive win over World No.2 Chinese pair

混合ダブルスは、先月行われたデンマークオープンSSプレミア決勝、フレンチオープンSS決勝に続いて、シュー・チェン/マー・ジン組(中国、世界2位)とヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、 世界3位)が対戦。2連勝しているデンマークペアが、今回も中国ペアのリベンジを許さず勝利したことで、女子シングルスと同様、この種目でも中国選手同士の決勝が回避された

各種目準々決勝の結果

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈16-21,14-21〉リン・ダン(中国、世界3位)、チェン・ロン(中国、世界2位)〈14-21,18-21〉チェン・ジン(中国、世界5位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界2位)〈12-21,18-21〉ワン・シン(中国、世界3位)、ワン・シーシャン(中国、世界1位)〈10-21,21-19,13-21〉ティネ・バウン(デンマーク、世界7位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)〈不戦勝〉タオ・ジアミン/ツァン・ナン組(中国)、チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界2位)〈21-10,21-9〉コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界4位)

【女子ダブルス】 ユー・ヤン/ワン・シャオリ組(中国、世界1位)〈21-18,21-12〉キム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組(韓国、世界4位)、ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界2位)〈21-18,21-13〉クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール組(デンマーク、世界12位)

【混合ダブルス】 ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)〈21-13,21-12〉チェン・フンリン/チェン・ウェンシン組 (台湾、世界5位)、シュー・チェン/マー・ジン組(中国、世界2位)〈16-21,12-21〉ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、 世界3位)

 

決勝の組み合わせは以下の通り。男子シングルスと女子ダブルスが中国の同国対決、女子シングルスと混合ダブルスが中国対デンマークの構図となった

男子ダブルスは、デンマークオープンSSプレミア決勝、フレンチオープンSS決勝に続いて、世界1位の中国カイ・ユン/フー・ハイファン組と世界2位の韓国チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組が激突する。両ペアの現時点の累積ランキングポイントはそれぞれ89661ポイント、89561ポイントで、その差はわずか100ポイント。上記2大会で連勝している韓国ペアはこの試合に勝利すれば、次週のランキングで中国ペアを抜き、世界1位に躍り出る

【男子シングルス】 リン・ダン(中国、世界3位)対チェン・ジン(中国、世界5位)

【女子シングルス】 ワン・シン(中国、世界3位)対ティネ・バウン(デンマーク、世界7位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)対チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界2位)

【女子ダブルス】 ユー・ヤン/ワン・シャオリ組(中国、世界1位)対ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界2位)

【混 合ダブルス】 ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)対ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、 世界3位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: