Archive | HongKongOpenSS RSS feed for this section

Team China back in business even without mighty LIN Dan

ロンドン五輪の後、男子シングルス金メダルの中国リン・ダン選手を除く、ほぼすべてのトップ選手が久しぶりに顔を揃えた香港オープンSSは、今年最後のSSであると同時に、中国勢がオリンピック完全制覇後の休養から明け、再び本来の強さを示した大会となった 今大会は、全種目の決勝に第1シードと第2シードが勝ち上がり、中国が、同国対決だった3種目に加えて、男子シングルスと男子ダブルスも取り、オリンピックの後では、自国開催のチャイナマスターズSS以来となる5種目制覇を達成した Advertisements

Continue reading

Japanese semifinalists beaten by the world best in Hong Kong

香港オープンSS準決勝、決勝進出を狙った男子シングルスの田児賢一選手と女子ダブルスの松尾静香・内藤真美組だったが、過去の対戦で一度も勝ったことのない世界のトップに跳ね返され、ベスト4で今年最後のSSを終えた。世界バドミントン連盟(BWF)のデータベースにこの日の試合結果を加えると、田児選手はマレーシアのリー・チョンウェイ選手に12連敗、松尾・内藤組は中国のユー・ヤン/ワン・シャオリ組に6連敗となった 田児選手は前日、準々決勝に勝利した後、「1ゲーム勝負だと思って最初からギアを上げていきたい」と語っていた通り

Continue reading

Three pairs and Two men of Japan advance to quarter finals

香港オープンSS2回戦、第1試合に入った男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組が日本選手の中で最初にベスト8入りを決めた

Continue reading

Japanese singles players shine in 1st round of Hong Kong SS

香港オープンスーパーシリーズ(SS)1回戦、日本選手は、男子シングルスの田児賢一選手、上田拓馬選手、佐々木翔選手、女子シングルスの三谷美菜津選手と廣瀬栄理子選手、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組、女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組と高橋礼華・松友美佐紀組が勝ち、2回戦に進んだ。この日はとりわけ、シングルス勢の活躍が際立った

Continue reading

Team China dominates 5 titles in HongKong

香港オープンSS決勝、中国と韓国のエースペア同士の対決となった男子ダブルスは、中国カイ・ユン/フー・ハイファン組が、8月の世界選手権準決勝で勝って以来、チャイナマスターズSS決勝(9月)、デンマークオープンSSプレミア決勝(10月)、フレンチオープンSS決勝(10月)と3連敗していた韓国チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組に劇的な勝利。世界ランク1位の座を守った

Continue reading