Fujii/Kakiiwa shines in Germany again

独ビットブルガーオープングランプリ(GP)ゴールドで、女子ダブルスの第1シードに入った藤井瑞希・垣岩令佳組が、いずれも世界ランク下位の相手に1ゲームも落とさない圧倒的な内容で優勝した。3月に行われたドイツオープンGPゴールドでも勝っており、今年ドイツ2勝目となった

Current Japanese No.1 pair @archives

藤井・垣岩組は現在、世界3位で、日本のトップペア、末綱聡子・前田美順組(世界6位)を上回る位置に付けている。ただ、世界選手権に続く上位大会スーパーシリーズ(SS)プレミアでは、いいところまで勝ち上がっていくものの、全英オープンSSプレミア決勝やインドネシアオープンSSプレミア準決勝のように、注目を集める試合で、プレッシャーからか普段では考えられないような崩れ方をするもろさものぞかせる。今年最後のSSプレミアとなるチャイナオープン(11月22~27日)で、その真価が問われる

一方、この大会に出場した女子シングルスの佐藤冴香廣瀬栄理子両選手はそれぞれ準決勝、準々決勝で敗れた

各種目決勝の結果

【男子シングルス】 ワン・ツェンミン(中国、世界17位)〈18-21,10-21〉ハンスクリスチャン・ビティンガス(デンマーク、世界20位)

【女子シングルス】 リ・シュエリ(中国、世界16位)〈21-8,21-9〉ヤオ・ジエ(オランダ、世界21位)

【男子ダブルス】 リウ・シャオロン/チウ・ツィハン組(中国、世界19位)〈14-21,16-21〉マニーポン・ジョンジット/ボディン・イサラ組(タイ、世界45位)

【女子ダブルス】 藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)〈21-8,21-11〉エメリー・レナートソン/エマ・ウェンバーグ組(スウェーデン、世界30位)

【混合ダブルス】 チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン組(マレーシア、世界15位)〈21-18,14-21,27-25〉トーマス・レイバーン/カミラ・リタ・ユール組(デンマーク、世界17位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: