One step closer to 2nd Gold

マレーシアオープングランプリ(GP)ゴールド準決勝、女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組が中国のルオ・イン/ルオ・ユ組をストレートで下し、決勝に進出した

Aiming another GPGold title @archives

第1ゲームは一方的に点差を広げ21-10で圧勝。第2ゲームは逆にリードを許し8-11で折り返すが、16-16で追いつくと一気に逆転し21-19で勝利した

第1シードの末綱聡子・前田美順組(世界3位)の対戦相手は、前週のインドオープンスーパーシリーズ(SS)準決勝と同じ、インドネシアのグレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組。世界6位にランクを上げたインドネシアペアはリベンジを狙ったが、地力で勝る末綱・前田組が21-19,21-16で返り討ちにした

これで女子ダブルス決勝は前週のインドオープンSSに続き日本勢同士の対戦となった。末綱・前田組は2週連続優勝、松尾・内藤組は4月のオーストラリアオープンに続くGPゴールド2勝目を狙う

男子シングルスの佐々木翔選手は第1ゲーム、世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)に対し一歩も引かず、前半は先行する展開に。しかしインターバル後は、今年出場した5つの大会で優勝4回、準優勝1回と突出した強さを誇るリー選手が一気に加速。7連続得点などでこのゲームを21-13で取る。続く第2ゲームは、リー選手がさらに早い段階から引き離しにかかり、前半を11-6で折り返す。その後も点差は詰まらず、最後は21-14で勝負を決した。ここまで好調を維持してきた佐々木選手だが、通算3度目の挑戦も、リー選手に跳ね返される結果となった

各種目準決勝の結果は以下の通り

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈21-13,21-14〉佐々木翔(世界17位)、バオ・チュンライ(中国、世界11位)〈21-12,19-21,21-14〉グエン・ティエンミン(ベトナム、世界8位

【女子シングルス】 サイナ・ネワル(インド、世界4位)〈21-14,21-13〉ソン・ジヒョン(韓国、世界16位)、ワン・シン(中国、世界3位)〈21-6,21-19〉ベ・ヨンジュ(韓国、世界7位

【男子ダブルス】 クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア、世界4位)〈21-17,18-21,21-10〉ルード・ボッシュ/コエン・リダー組(オランダ、世界32位)、ヘンドラ・アプリダ・グナワン/アルベン・ユリアント・チャンドラ組(インドネシア、世界10位)〈21-16,19-21,21-18〉チョ・グンウー/クォン・イグー組(韓国、世界11位

【女子ダブルス】 末綱・前田組(世界3位)〈21-19,21-16〉グレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組(インドネシア、世界6位)、松尾・内藤組(世界8位)〈21-10,21-19〉ルオ・イン/ルオ・ユー組(中国、世界63位)

【混合ダブルス】 チャン・ペンスーン/ゴー・リウイン組(マレーシア、世界18位)〈21-14,21-10〉フラン・クルニアワン/ピア・ゼバディア・ベルナデス組(インドネシア、世界12位)、タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア、世界10位)〈21-13,14-21,21-12〉ソンポン・アヌクリッタヤワン/クンチャラ・ウォラビチッチャイクン組(タイ、世界6位

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: