Archive | MalaysiaGPGold RSS feed for this section

Sayaka misses a golden opportunity to win the first GPGold title

マレーシアオープンGPゴールド決勝、女子シングルスの髙橋沙也加選手は、世界ランク下位のタイのブサナン・ウンバンルンパン選手にストレートで敗れ、スーパーシリーズ(SS)の次に位置するGPゴールド制覇の絶好の機会を逸した とりわけ第2ゲーム、19-12と完全に勝ちゲームだった状況から、何と7連続失点で追いつかれる。先にゲームポイントは握ったものの、ここでも逆転を許して20-22で敗退。準優勝という結果を残しながらも、最後は課題の残る試合となってしまった

Continue reading

Sayaka TAKAHASHI is the only Japanese in MalaysiaGPGold Finals

オリンピックレース後初の国際大会、マレーシアオープンGPゴールドに挑戦した日本の若手選手のうち、決勝に勝ち進んだのは女子シングルスの髙橋沙也加選手のみとなった 現在世界ランク100位の髙橋選手は、2回戦で先輩の今別府香里選手(世界63位)、準々決勝で第3シードの香港チャン・ツーカ選手(世界32位)、準決勝で第1シードのインドのP.V.シンドゥ選手(世界26位)と、いずれも格上の相手に1ゲームも与えず、ここまですべてストレートで勝ち上がった

Continue reading

Challenge for Rio 2016 begins in Johor Bahru

ロンドン五輪出場権をめぐるオリンピックレースが終了したばかりだが、早くも4年後の2016年リオデジャネイロ五輪に向けた戦いがスタートした

Continue reading

Meaningful Victory at beginning of Race

マレーシアオープングランプリ(GP)ゴールド決勝、末綱聡子・前田美順組(世界ランク3位)と松尾静香・内藤真実組(世界8位)の日本勢対決は、末綱・前田組が一度もリードを許すことなく21-18,21-13で快勝。2週連続優勝を果たすとともに、オリンピックレース初戦で優勝という最高のスタートを切った 世界バドミントン連盟(BWF)のデータベースによると、両ペアの国際舞台での対戦は過去2回。2010年10月のデンマークオープンスーパーシリーズ(SS)決勝では末綱・前田組、2011年3月のドイツオープンGPゴールド準々決勝では松尾・内藤組に軍配が上がっていた 末綱・前田組はここまで、GPグランプリ以上の大会で下記の成績を収めている

Continue reading

One step closer to 2nd Gold

マレーシアオープングランプリ(GP)ゴールド準決勝、女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組が中国のルオ・イン/ルオ・ユ組をストレートで下し、決勝に進出した 第1ゲームは一方的に点差を広げ21-10で圧勝。第2ゲームは逆にリードを許し8-11で折り返すが、16-16で追いつくと一気に逆転し21-19で勝利した 第1シードの末綱聡子・前田美順組(世界3位)の対戦相手は、前週のインドオープンスーパーシリーズ(SS)準決勝と同じ、インドネシアのグレイシア・ポリー/メイリアナ・ジャウハリ組。世界6位にランクを上げたインドネシアペアはリベンジを狙ったが、地力で勝る末綱・前田組が21-19,21-16で返り討ちにした これで女子ダブルス決勝は前週のインドオープンSSに続き日本勢同士の対戦となった。末綱・前田組は2週連続優勝、松尾・内藤組は4月のオーストラリアオープンに続くGPゴールド2勝目を狙う

Continue reading