China 1st and Japan 2nd in Group1-A

男女別国別対抗戦スディルマンカップ一次リーグ3日目、既に決勝トーナメント進出を決めた日本と中国が対戦した 日本は、前日のドイツ戦からオーダーをすべて組み替えて試合に臨んだ。一方、中国もヘッドコーチのリ・ヨンボ氏が先に明言していた通り、決勝トーナメントを見据えて、女子シングルスと女子ダブルスの選手を入れ替えた 結果は5-0で中国の完勝。ただ、男子シングルスの佐々木翔選手が、中国のエース、リン・ダン選手を、緩急を織り交ぜた巧みな試合運びで翻弄。第1ゲームは試合全般をコントロールし20-18と先にゲームポイントを奪う。しかしここで決め手を欠き追いつかれると、一気に20-22と逆転されてしまう。

6 out of Last 8 in Group1 decided including Japan

男女混合国別対抗戦スディルマンカップ(杯)一次リーグ2日目、日本が初戦のドイツ戦に4ー1で勝利し、白星発進すると同時に、グループ1の決勝トーナメント進出を決めた この試合のカギは、最初の混合ダブルスにあった。日本チームの先鋒としてコートに立った池田信太郎・潮田玲子組は第1ゲーム、序盤に奪われたさほど大きくない点差を最後まで詰めることができずに落とす。第2ゲームに入ると逆に中盤以降までリードを保つも、15-15で追いつかれると一気に15-18まで引き離されこれまでかとも思われたが、18-18と食らいつく。ただその後も先行される展開が続き19-20と先にマッチポイントを握られ万事休す。ところが、

Is Japan ready for crucial match against Germany?

男女混合国別対抗戦スディルマンカップ(杯)一次リーグ初日、オープニングマッチとなった日本と同じグループ1・A組に入る中国対ドイツの一戦は、中国が4ー1で勝利した 中国は混合ダブルス、男子シングルス、男子ダブルスを連取し、早々に勝負を決めた。ただ、続いて行われた女子シングルスでは、世界の頂点に立つワン・シーシャン選手(世界ランク1位)がドイツのユリアン・シェンク選手(世界10位)にストレートで敗れる波乱。地元で大会4連覇を狙う中国チームにとって、大きな誤算もあった

A day before Sudirman Cup in Qingdao

2年に一度の男女混合国別対抗戦スディルマンカップがあす22日、中国・青島で開幕する 大会初日は、ランク別に分かれた4つのグループで合わせて10試合が行われる。日本を含む12の国・地域が属する最上位のグループ1では、一次リーグで日本と同じA組に入った中国とドイツが対戦する。日本は初日試合なしで、翌23日にドイツ、24日に中国と相次いで対戦。同組3チーム中2位以内を確保し、26日から始まる8チームによる決勝トーナメント進出を目指す 日本は前回、2009年中国・広州大会の一次リーグ、中国(0-5)、インドネシア(1-4)、英国(1-4)に3連敗。順位決定戦に回り、香港(3-2)に辛勝して8チーム中7位でグループ1(当時)にかろうじて踏みとどまった。最終結果は、中国、韓国、マレーシア、インドネシア、デンマーク、英国、日本、香港の順だった

‘PRAY n PLAY 4 JAPAN’ from Vietnam

ベトナムのグエン・ティエンミン選手が、BadPaL がアジアで実施している3月11日東日本大震災の被災者支援活動「PRAY&PLAY for JAPAN」に賛同し、協力を表明してくれた