World Ranking doesn’t matter : BAM

マレーシアバドミントン協会(BAM)は、8月に英国・ロンドンで開催される世界選手権に出場する自国選手に関し、直接、出場枠獲得に寄与した世界ランク上位のプロより、ランク下位の協会所属ナショナルチームメンバーを優先する決定を下した

世界バドミントン連盟(BWF)が4月28日付世界ランキングを基に出場資格を与えていたマレーシアの男子ダブルス選手は、世界4位のクーケンケット/タン・ブンヒョン組と世界16位のタン・ビンシェン/ガン・テクチャイ

各国・地域に種目ごとで与えられる出場枠は最大4枠。その条件は、◆世界ランク1~8位に4人または4組以上入れば最大4枠◆世界ランク24位までに3人または3組以上入れば最大3枠◆世界ランク150位までに2人または2組以上入れば最大2枠――で、世界24位までに2組しか入っていないマレーシアの男子ダブルス出場枠は2枠のみとなる

ナショナルチームメンバーであるモハド・ザクリ・アブドゥル・ラティフ/フーン・ティエンハウ組はこの時点で世界32位で、マレーシアペアの中で3番手どころか6番手に位置していた

ただ出場資格を得た個々の選手が実際に出場できるかどうかは、各国・地域のバドミントン協会の承認(12日締め切り)を待って確定することになっている。15日付マレーシア紙スターによると、BAMは今回、「現在の選手の状況と潜在性」を考慮して、個別にスポンサーを持つプロ選手、タン・ビンシェン(KLRC)/ガン・テクチャイ(apacs)組を外して、代わりにモハド・ザクリ・アブドゥル・ラティフ/フーン・ティエンハウ組の派遣を決めたという

協会側は、この決定がタン・ビンシェン/ガン・テクチャイ組に対する悪意や偏見によるものではないと強調。その上で、「世界ランクは選手の実力を真に反映しておらず、われわれにとって最良の選手を選ぶ基準にはならない」とコメントした。さらに「BAMは、(世界選手権のような)主要大会の派遣メンバーにベストの選手を任命する特権を有しており、単なるパッセンジャーを送り込むわけにはいかない」と述べている

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: