U19 Japan misses Gold but breaks barrier of Bronze

アジアジュニア(U19)選手権の男女混合団体戦は14~17日、インドネシア・ジャカルタ近郊の南タンゲランで開催され、日本は戦前の予想を大きく上回る健闘を見せ、6年ぶりに決勝まで進んだ。ただ、最後は中国に阻まれ、2度目の優勝は逃した

Kanta,Nozomi and Keigo/Takeshi boost self-confidence before World C’ships

タイオープン(SUPER500)決勝、月末に控える世界選手権をにらみ世界トップが出場を見合わせた好機を逃さず、しっかりタイトルをつかみとったのは、常山幹太、奥原希望、園田啓悟・嘉村健士。このうち常山は、上位大会では日本男子シングルス史上2人目のタイトルホルダーとなった