Tag Archives: Kanta TSUNEYAMA

Day 6 in Bangkok : Kanta, the 4th man saves Japan in SF

男女別の国・地域別対抗戦トマス・ユーバー杯準決勝、日本男子は、ディフェンディングチャンピオンのデンマークと最終種目までもつれる熱戦を展開。最後は、今大会1試合毎に成長を遂げてきた「第4の男」、常山幹太がチームを決勝へ押し上げた Advertisements

Continue reading

Day 1 in Glasgow : Kanta on the right track from 南京 to 東京

世界選手権は21日、スコットランド・グラスゴーのエミレーツアリーナで開幕し、男子2種目と女子ダブルスの1回戦半分、女子シングルスと混合ダブルスの1回戦全試合が行われた。日本からはこの日、常山幹太選手がコートに立ち、世界戦デビューを白星で飾り、東京五輪に向け、ジュニアからシニアへ着実に成長の過程をたどっていることを示した

Continue reading

Kanta regains 1st spot in Japan, Kento restarts at 282nd in the World

世界バドミントン連盟(BWF)が20日更新した男子シングルスの世界ランキングで、カナダオープングランプリ(GP)優勝の常山幹太選手が、坂井一将選手を抜いて、5週間ぶりに日本1番手に浮上した。また、準優勝の桃田賢斗選手には、ランキングから除外された昨年4月28日以来、初めてポイントがつき、日本11番手の世界282位から再び上を目指す

Continue reading

Kanta a step closer to next stage along with Saena and Wakana/Mayu

カナダオープンGP決勝、常山幹太選手が桃田賢斗選手を破り、日本の男子シングルス陣では5人目のGP優勝者となった。女子2種目も川上紗恵奈選手と永原和可那・松本麻佑組が勝ち、2012年に次いで日本勢が複数のタイトルを獲得。GPとはいえ、B代表の4人がそれぞれに壁を越え、次なるステージへ一歩近づいた

Continue reading

Kanta to face Kento in MS final after overcoming Japan-beater HyunIl

カナダオープンGP準決勝、常山幹太選手が第1シードの韓国イ・ヒョンイル選手をフルゲームの末に破り、男子シングルス決勝で桃田賢斗選手と対戦する。女子ダブルスも篠谷菜留・星千智組と永原和可那・松本麻佑組が勝ち上がり、日本勢の2冠確定。これに川上紗恵奈選手が、女子シングルスのタイトル上乗せを狙う

Continue reading