Japan aims to sweep all titles in US Open

USオープンGPゴールド、準決勝に進んだ日本勢シングルス3人、ダブルス4組のうち、男子シングルスの武下利一選手を除くすべてが勝ち、全種目の決勝のコートに日本選手が立つことになった

男子シングルスの上田拓馬選手、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組、女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組は、今大会第1シードとして順当に決勝までたどりついた。ほかの日本選手も、比較的危なげない勝ち上がりを見せている

日本の全種目制覇に向けては、第1シードの台湾パイ・シャオマ選手と対戦する女子シングルスの今別府香里選手と、インドネシアから米国に移住したシドニー五輪男子ダブルス金メダリストのトニー・グナワン選手とインドネシアのダブルスのスペシャリスト、ビタ・マリッサ選手のベテランペアを迎え撃つ混合ダブルスの早川賢一・松友美佐紀組がカギを握りそうだ

昨年のこの大会では、オリンピックレースの渦中で世界の有力選手が顔をそろえる中、男子シングルスの佐々木翔選手と女子シングルスの佐藤冴香選手が決勝に進み、佐々木選手がタイトルを手にしていた

各種目準決勝の結果

【男子シングルス】 上田拓馬(世界40位)〈21-16,21-12〉タン・チュンセアン(マレーシア、世界48位)、ウラジミール・イワノフ(ロシア、世界44位)〈21-16,21-11〉武下利一(世界189位)

【女子シングルス】 パイ・シャオマ(台湾、世界27位)〈21-16,21-16〉ツァン・ベイウェイ(シンガポール、世界279位)、今別府香里(世界53位)〈21-8,21-12〉ジョセリン・コー(カナダ、世界95位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界12位)〈21-19,21-14〉トニー・グナワン/ハワード・バック(米国、世界25位)、廣部好輝・数野健太(世界35位)〈21-17,21-11〉ユルゲン・コッホ/ピーター・ザウナー(オーストリア、世界37位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界20位)〈21-15,21-13〉エメリー・レナートソン/エマ・ウェンバーグ(スウェーデン、世界32位)、ニナ・ビスロワ/バレリ・ソロキナ(ロシア、世界21位)〈21-15,21-19〉ビタ・マリッサ/モナ・サントソ(インドネシア)

【混合ダブルス】 トニー・グナワン/ビタ・マリッサ(米国/インドネシア)〈21-13,21-7〉ハワード・バック/エバ・リー(米国)、トビー・ナン/グレース・ガオ(カナダ、世界29位)〈18-21,21-15,19-21〉早川賢一・松友美佐紀(世界46位)

 

決勝の組み合わせは以下の通り。男子ダブルスは日本勢同士の対決となった

【男子シングルス】 上田拓馬(世界40位)対ウラジミール・イワノフ(ロシア、世界44位)

【女子シングルス】 パイ・シャオマ(台湾、世界27位)対今別府香里(世界53位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界12位)対廣部好輝・数野健太(世界35位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界20位)対ニナ・ビスロワ/バレリ・ソロキナ(ロシア、世界21位)

【混合ダブルス】 早川賢一・松友美佐紀(世界46位)対トニー・グナワン/ビタ・マリッサ(米国/インドネシア)

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: