Tago defeats one of the best Chinese again in All England

全英オープンSSプレミア準々決勝、田児賢一選手と平田典靖・橋本博且組がいずれもフルゲームの接戦を制し、準決勝進出を果たした。

Kenichi TAGO @archives

田児選手は、チェン・ジン、バオ・チュンライという中国の強豪を次々と倒して決勝に進んだ2010年の100回記念大会に続くベスト4入り。今回の相手、チェン・ロン選手はともに1989年生まれのジュニア時代からのライバルだが、田児選手は2007年世界ジュニア選手権の決勝で敗れた後、現在、世界トップ3の地位を確立したチェン・ロン選手の後塵を拝している。

第1ゲームは息詰まる接戦となるが、先につかんだ3つのゲームポイントを生かせず、22-24でこのゲームを落とす嫌な立ち上がり。しかしこの日の田児選手は、そんなことが影響しないほど安定した強さを見せた。一度もリードを許さぬまま21-12で第2ゲームを取り返すと、ファイナルゲームは6-6から抜け出し、チェン・ロン選手につけいる隙を与えず21-14と圧勝した。これで田児選手とチェン・ロン選手との通算対戦成績(ジュニア時代は除く)は2勝3敗となった

HASHIMOTO/HIRATA @archives

平田・橋本組は、世界ランクは格下ながら、過去の対戦成績で非常に分が悪い台湾のエースペア、ファン・チエミン/リー・シェンム組と対戦。2010年から今年1月のマレーシアオープンSSまで5戦5敗と完全に抑え込まれ苦手としていた相手だが、先月の男子国地域別対抗戦トマス杯のアジア予選で初めて勝利したことで自信をつけたか、第1ゲームは一方的に攻め込み21-15で取る。第2ゲームも平田・橋本組のリードで進むが、終盤逆転を許し17-21で失う。それでも大勢は変わらず、ファイナルゲームも先行逃げ切りで、21-12と危なげなく勝利を手にした

一方、この日は、世界ランク1位の中国ペアを下すなど、地元の期待に応えてここまで勝ち上がってきた英国の混合ダブルス2ペア、クリス・アドコック/イモジェン・バンキア組(世界17位)とネーサン・ロバートソン/ジェニー・ウォールワーク組(世界19位)が相次いで敗れた

各種目準々決勝の結果

【男子シングルス】

リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈21-9,21-11〉ディオニシウス・ハヨム・ルンバカ(インドネシア、世界28位)、イ・ヒョンイル(韓国、世界7位)〈21-15,21-13〉ダレン・リュー(マレーシア、世界43位)、チェン・ロン(中国、世界3位)〈24-22,12-21,14-21〉田児賢一(世界8位)、リン・ダン(中国、世界2位)〈21-18,21-8〉タウフィック・ヒダヤット(インドネシア、世界12位)

【女子シングルス】

ワン・イーハン(中国、世界1位)〈19-21,25-23,21-9〉ティネ・バウン(デンマーク、世界7位)、ワン・シーシャン(中国、世界3位)〈21-18,21-10〉ジアン・ヤンジャオ(中国、世界6位)、サイナ・ネワル(インド、世界4位)〈13-21,21-23〉リ・シュエリ(中国、世界5位)、ソン・ジヒョン(韓国、世界11位)〈22-20,14-21,21-21〉タイ・ツーイン(台湾、世界16位)

【男子ダブルス】

カイ・ユン/フー・ハイファン(中国、世界1位)〈21-19,21-8〉モハンマド・アーサン/ボナ・セプタノ(インドネシア、世界7位)、平田典靖・橋本博且(世界8位)〈21-15,17-21,21-12〉ファン・チエミン/リー・シェンム(台湾、世界12位)、マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク、世界3位)〈21-12,21-19〉グオ・ツェンドン/チャイ・ビアオ(中国、世界5位)、チョン・ジェソン/イ・ヨンデ(韓国、世界2位)〈21-15,21-15〉シェン・イエ/ホン・ウェイ(中国、世界14位)

【女子ダブルス】

ユー・ヤン/ワン・シャオリ(中国、世界1位)〈21-14,21-16〉オム・ヘウォン/チャン・イエナ(韓国、世界26位)、タン・ジンフア/シア・フアン(中国、世界29位)〈21-12,21-4〉マー・ジン/ツォン・チエンシン(中国、世界213位)、キム・ミンジョン/ハ・ジョンウン(韓国、世界3位)〈21-16,23-21〉プーン・ロクヤン/ツェ・インシュー(香港、世界11位)、ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン(中国、世界2位)〈21-17,21-13〉クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界7位)

【混合ダブルス】

チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、世界9位)〈21-16,15-21,21-17〉クリス・アドコック/イモジェン・バンキア(英国、世界17位)、タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、世界4位)〈21-19,14-21,21-6〉ネーサン・ロバートソン/ジェニー・ウォールワーク(英国、世界19位)、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界3位)〈15-21,16-21〉トーマス・レイバーン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界6位)、シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界2位)〈21-18,21-19〉アレクサンドロ・ニコラエンコ/バレリ・ソロキナ(ロシア、世界14位)

 

準決勝の対戦カードは以下の通り。田児選手、平田・橋本組ともに中国のエースと対戦する。4カ月後に迫ったロンドン五輪でも、上位進出の壁となって立ちはだかる強豪を越えられるかが注目される

田児選手は昨年10月のフレンチオープンSS準決勝でリン・ダン選手から初勝利を上げているが、これはリン・ダン選手がリードしながら突然棄権したもの。再戦した同12月のSSファイナルでは完敗し、田児選手自ら「上げた時のスピードと言うより、ベースのスピードが違う。技術的な問題よりもその差がまだまだ大きい」〈https://badpal.net/2011/12/21/japanese-players-strike-back-on-day-3-of-ss-finals/〉と、率直に実力差を認めていた

平田・橋本組は、過去3戦して一度も勝ったことのない世界1位、カイ・ユン/フー・ハイファン組とぶつかる。昨年4月のアジア選手権決勝では完敗したが、その後の2度の対戦では、敗れはしたものの、いずれも1ゲームずつ奪っている

女子シングルスでは、台湾のティーンエージャー、タイ・ツーイン選手が中国包囲網の突破に挑む

【男子シングルス】

リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)対イ・ヒョンイル(韓国、世界7位)

リン・ダン(中国、世界2位)対田児賢一(世界8位)

【女子シングルス】

ワン・イーハン(中国、世界1位)対ワン・シーシャン(中国、世界3位)

リ・シュエリ(中国、世界5位)対タイ・ツーイン(台湾、世界16位)

【男子ダブルス】

カイ・ユン/フー・ハイファン(中国、世界1位)対平田典靖・橋本博且(世界8位)

チョン・ジェソン/イ・ヨンデ(韓国、世界2位)対マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン(デンマーク、世界3位)

【女子ダブルス】

ユー・ヤン/ワン・シャオリ(中国、世界1位)対タン・ジンフア/シア・フアン(中国、世界29位)

ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン(中国、世界2位)対キム・ミンジョン/ハ・ジョンウン(韓国、世界3位)

【混合ダブルス】

タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル(インドネシア、世界4位)対チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、世界9位)

シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界2位)対トーマス・レイバーン/カミラ・リタ・ユール(デンマーク、世界6位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: