World top2 players lift team up to the pinnacle

‘Team Hidayat’ grabbed Gold medal (photo provided by DJARUM to BadPaL)

スーパーリーガ・バドミントンインドネシア、最終日(26日)に行われた男子決勝は、シングルス世界1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)と同2位のタウフィック・ヒダヤット選手を擁するSGSが、香港のチャン・ヤンキット選手(世界45位)を助っ人に迎えたジャヤラヤ・スルヤナガと激突した

第1シングルスは、SGSリー選手が チャン選手にストレート(22-20,21-16)勝ち。第1ダブルスはジャヤラヤアルベン・ユリアント・チャンドラ(世界10位)/トリ・クシャルハルト組で取り返す。続く第2シングルスはSGSヒダヤット選手、第2ダブルスはジャヤラヤライアン・アグン・サプトラ/トリ・クスマ・ワルドハナ組がそれぞれ奪い、2対2のタイとなり勝負の行方は第3シングルスに託された。ただこの試合は、世界30位と実力で上回るSGSトミー・スギアルト選手が21-3,21-12と圧倒し、SGSに金メダルをもたらした

3位決定戦は、1試合2組の外国人枠を最大限に活用するタンカス対国内選手のみのジャルムタンカスは、リーグ戦負けなしのベトナムのグエン・ティエンミン選手(世界7位)が先勝するも、2番手で登場したマレーシアのタン・ビンシェン/ガン・テクチャイ組(世界17位)が敗れ1対1のタイに。地力に勝るシモン・サントソ選手(世界13位)の勝利で再びリードを奪うも、続く第2ダブルス、第3シングルスを落とし2対3でジャルムに敗れた。クラブの方針としてあえて国内選手のみで今リーグに挑んだジャルムは、前日の女子に続き銅メダルを獲得した

なお、リーグ戦6試合を終えた25日時点での男子の確定順位は以下の通り

Local team never lose (photo provided by DJARUM to BadPaL)

【男子】 1位:SGS(5勝1敗、決勝進出)、2位:ジャヤラヤ・スルヤナガ(4勝2敗、決勝進出)、3位:タンカス(4勝2敗、3位決定戦へ)、4位:ジャルム(4勝2敗、3位決定戦へ)、5位:ムシカ(3勝3敗)、6位:ジャヤラヤ・ジャカルタ(1勝5敗)、7位:ムティアラ(6敗)

一方、25日に行われた女子決勝では、地元スラバヤ開催の今回のリーグを5戦全勝で勝ち上がったジャヤラヤ・スルヤナガが、オランダのヤオ・ジエ選手(世界14位)をはじめとするシングルス3人で、外国人選手を入れず国内選手のみで決勝に進出してきたジャヤラヤ・ジャカルタを抑え、初の栄冠を手にした

3位決定戦は、国内選手のみで臨んだジャルムが、台湾のチェン・シャオチエ選手(世界15位)とチアン・ペイシン選手(世界120位)を起用したムティアラに対し、第1シングルスは落とすが第2シングルスを奪い返す。ダブルスも1勝1敗として、最後は第3シングルスのアナ・ロビタ選手(世界68位)の勝利で、ジャルムが銅メダルをつかみとった

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: