Archive | February 23, 2011

ChongWei has come to Indonesia

スーパーリーガ・バドミントン・インドネシア4日目、友人であるタウフィック・ヒダヤット選手が自ら口説き落として参戦が決まったとされる、男子シングルス世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が初めて登場した ヒダヤット選手と同じSGSの第1シングルスに入ったリー選手は、ジャヤラヤ・ジャカルタのアディ・プラタマ選手(世界250位)にストレート(21-14,21-13)勝ち。チームはこの勢いに乗り、第2シングルスに下がったヒダヤット選手を含むすべての選手が勝利。通算成績を4戦全勝として、リーグ終盤を7チーム中トップで迎えることになった 一方、グエン・ティエンミン選手(ベトナム)の活躍などで、これまで1敗でSGSを追いかけていたタンカスは、クラブの方針としてあえて国内選手のみでリーグに臨んでいるジャルムと対戦した。第1シングルスのグエン選手はストレート勝ちしたものの、第2シングルスのシモン・サントソ選手(世界13位)、混合ダブルス元世界1位のベテラン、ノバ・ウィディアント選手がペアを組むダブルスなどが相次いでフルゲームの末に敗れる波乱。第3シングルスのカシャップ・パルパリ選手(インド、世界20位)が一矢を報いたが、チームは2対3で敗れ痛い黒星がついてしまった

Continue reading

Foreign Players held Key to Victory

インドネシアのクラブ対抗リーグ「スーパーリーガ・バドミントン・インドネシア」3日目、外国人助っ人の出来不出来が各チームの勝敗を左右した 男子では、ムシカ・チャンピオンの第1シングルスを任されたムハンマド・ハフィズ・ハシム選手(マレーシア、世界24位)が、苦しみながらもフルゲーム(24-26,21-17,21-16)の末にジャヤラヤ・ジャカルタのアディ・プラタマ選手(世界250位)を退けると、チームも3対2で競り勝ち、通算3勝目を挙げた 女子では、前回2007年にタンカス・アルファマートの優勝をけん引したイップ・プイイン選手(香港、世界9位)がいまだ勝ちに恵まれず、ムティアラとの第3戦でも、世界ランクでは格下のチェン・シャオチエ選手(台湾、世界15位)にストレート負け。チームも2対3で敗れた。ディフェンディングチャンピオンとして優勝候補に上がっていたタンカスだが、イップ選手の開幕3連敗が影響し、3日目まで1勝もできていない 一方、ジャヤラヤ・スルヤナガは、第1シングルスのヤオ・ジエ選手(オランダ、世界14位)、第1ダブルスのヤオ・レイ/シンタ・ムリアサリ組(シンガポール、世界10位)の活躍により、これまで負けなしの3連勝で、ジャヤラヤ・ジャカルタと首位争いを演じている

Continue reading