Archive | February 26, 2011

World top2 players lift team up to the pinnacle

スーパーリーガ・バドミントンインドネシア、最終日(26日)に行われた男子決勝は、シングルス世界1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)と同2位のタウフィック・ヒダヤット選手を擁するSGSが、香港のチャン・ヤンキット選手(世界45位)を助っ人に迎えたジャヤラヤ・スルヤナガと激突した 第1シングルスは、SGSのリー選手が チャン選手にストレート(22-20,21-16)勝ち。第1ダブルスはジャヤラヤがアルベン・ユリアント・チャンドラ(世界10位)/トリ・クシャルハルト組で取り返す。続く第2シングルスはSGSのヒダヤット選手、第2ダブルスはジャヤラヤのライアン・アグン・サプトラ/トリ・クスマ・ワルドハナ組がそれぞれ奪い、2対2のタイとなり勝負の行方は第3シングルスに託された。ただこの試合は、世界30位と実力で上回るSGSのトミー・スギアルト選手が21-3,21-12と圧倒し、SGSに金メダルをもたらした

Continue reading