Up to MD, Japan to meet MAS and ENG at Sudirman Cup

史上初めて、アジアと欧州以外で開催される第15回男女混合国・地域別対抗戦スディルマン杯。一次リーグの組み合わせ抽選が17日、世界バドミントン連盟(BWF)本部のあるマレーシア・クアラルンプールで行われ、前回準優勝の日本は、マレーシア、イングランドと同じ組に入った(※追記:4月3日、政府の予算カットに伴いイングランドが出場取りやめ。代わりに、ドイツが繰り上がった)

Yuta/Arisa and Akane reach Semis after saving match point respectively

全英オープンSSプレミア準々決勝、ファイナルゲームまでもつれる接戦となり先にマッチポイントを握られても、あきらめずに勝利を手繰り寄せた全英初出場の渡辺勇大・東野有紗組と4度目の山口茜選手が、準決勝に進んだ。一方、準々決勝枠8つのうち3つを占めた日本女子ダブルス陣は全敗。ベスト4には残れなかった

Rio’s Gold medalists become next casualties in Birmingham

全英オープンSSプレミア2回戦、1回戦のディフェンディングチャンピオン(3種目)に続いて、この日はリオデジャネイロ五輪金メダリストのチェン・ロン選手(中国)と高橋礼華・松友美佐紀組が姿を消し、107回目を迎えた権威あるこの大会で勝つことの難しさが、あらためて示された