Tag Archives: Akane YAMAGUCHI

Upsets continue at Indonesia Open while Akane overcomes Nozomi

インドネシアオープンSSプレミア2回戦、男子シングルス第1シードのリー・チョンウェイ選手が敗れるなど、上位に波乱は続いている。そんな中、女子シングルス第3シードの山口茜選手は国際大会では初めて、奥原希望選手に第1ゲームを奪われながら逆転で勝利することに成功し、準々決勝に進んだ

Continue reading

Day 7 of Sudirman : Japan misses golden opportunity to stop China in GoldCoast

スディルマン杯7日目、準決勝2試合が行われ、日本は中国の7連覇阻止へあとわずかのところまで詰めたが、最終種目で女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組が敗れ、決勝進出を逃した

Continue reading

5-singles and 8-doubles of Japan qualified for World C’ships

日本から、8月の世界選手権・グラスゴー大会への出場資格を自力で得たのは、女子ダブルス世界ランク1位の高橋礼華・松友美佐紀組のほか、2年前、出場を辞退した女子シングルス世界5位の山口茜選手ら、シングルス5人、ダブルス8ペア。前回2015年に比べ、男子シングルスが減り、混合ダブルスが増えた。この後、日本バドミントン協会(NBA)が、実際に派遣する選手を決める

Continue reading

No other Japanese but Ayaka/Misaki wins Asia C’ships title again

アジア選手権決勝、女子ダブルス世界ランク1位の高橋礼華・松友美佐紀組が、日本でほかに誰も勝ったことがない大会で連覇を成し遂げ、今シーズンの初タイトルを手にした。一方、シングルスの日本勢初制覇を狙った山口茜選手は、出場5大会連続優勝と波に乗っている世界1位タイ・ツーイン選手に力及ばず、準優勝に終わった

Continue reading

Japanese women reach finals not only doubles but singles this year

アジア選手権準決勝、山口茜選手が森かおり元選手以来、11年ぶりに女子シングルスの決勝に進んだ。ダブルスでは、昨年、日本勢として初優勝を成し遂げた高橋礼華・松友美佐紀組が、2年連続の決勝進出を決めた

Continue reading