Japan misses Gold, bags one Silver and one Bronze at Dutch Junior

オランダジュニアインターナショナルが1~5日に開催され、日本のU19(19歳未満)代表は、ジュニア強化策の一環として本格的に参戦を再開した2015年以来初めて、優勝を逃した。ただ、混合ダブルスの久保田友之祐・岩永鈴組が準優勝、女子シングルスの水井ひらり選手が3位入賞と、3年連続でメダルは確保している

Japanese shuttlers back on the podium at German GP Gold

ドイツオープングランプリ(GP)ゴールドは2月28日~3月5日、ミュルハイムで開催され、女子2種目で山口茜選手と福島由紀・廣田彩花組が優勝した。日本勢はこの大会、2014年に3種目(女子シングルス、男女ダブルス)を制したが、その後、2年続けて決勝に進めず、3年ぶりに表彰台に戻ってきた