Three defending champs knocked out in first round of All England

今シーズンのスーパーシリーズ(SS)開幕戦、全英オープンSSプレミアがバーミンガムでスタート。8日に行われた1回戦を終えた時点で、既に3種目の昨年優勝者が姿を消す波乱の展開となっている

本戦初日、いきなりタイトル防衛の道を絶たれたのは、女子シングルスの奥原希望選手、男子ダブルスのウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフ組(ロシア)、混合ダブルスのプラビーン・ジョーダン/デビー・スサント組(インドネシア)

Nozomi OKUHARA @archives

肩の故障から昨年末以降、戦列を離れていたリオデジャネイロ五輪銀メダルの奥原選手は、リオ五輪でまさかの一次リーグ敗退に終わった後、足の手術に踏み切り、今年の初戦マレーシアマスターズグランプリ(GP)ゴールドで優勝を飾るなど徐々に調子を取り戻してきているインドのサイナ・ネワル選手に、ストレート負けした

また、イワノフ/ソゾノフ組は、前週のドイツオープンGPゴールドに続いて、デンマーク2番手のマッズ・コンラド・ペターセン/マッズ・ピーラー・コルディング組に連敗。ジョーダン/スサント組は、大舞台にも物怖じせず失うものなく向かってくる若い渡辺勇大・東野有紗組に足元をすくわれ、初戦敗退となった

男子シングルスと女子ダブルスのタイトルを保持するリン・ダン選手(中国)と高橋礼華・松友美佐紀組は、危なげなく勝ち上がった

日本勢は初戦、いきなりディフェンディングチャンピオンを破った混合ダブルスの渡辺・東野組以外に、女子ダブルスの米元小春・田中志穂組が、昨年末のSSファイナル決勝でリオ五輪金メダルの高橋・松友組を抑えて優勝した中国の成長株チェン・チンチェン/ジア・イーファン組を倒し、気を吐いた

ほかにも、予選勝ち上がりで男子シングルス唯一の勝ち残り、坂井一将選手が、前週のドイツオープンで20-22,22-24と競り負けた世界16位のウォン・ウィンキ選手(香港)に、今回は22-20,21-18と競り勝ち、2回戦に進んだ

一方、この日は男子ダブルスで、第2シードのマシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク)が敗れる波乱。勝ったルー・カイ/ツェン・シウェイ組(中国)は、今大会の要注意ペアとなりそう。中国はほかに、昨年まで混合ダブルスに専念してきたシュー・チェン選手をリュウ・シャオロン選手と組ませて今大会に送り込み、遠藤大由・渡辺勇大組にストレート勝ち。ペアとしての完成度はまだまだながら、個々の能力を活かして勝ち上がっている

また、国籍の異なる実力者2人が組むペア、ヘンドラ・セティアワン/タン・ブンヒョン組(インドネシア/マレーシア)は今大会においても注目を集めた。しかし、世界5位のギデオン・マルクス・フェルナルディ/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ組に力及ばず、今年の全英を早々に終えた

日本選手1回戦の結果

【男子シングルス】 ウォン・ウィンキ(香港、世界14位)〈20-22,18-21〉坂井一将(世界52位※予選勝ち上がり)

【女子シングルス】 山口茜(世界6位)〈21-16,21-12〉リャン・シャオユ(シンガポール、世界24位)、サイナ・ネワル(インド、世界10位)〈21-15,21-14〉奥原希望(世界11位)、ラッチャノク・インタノン(タイ、世界8位)〈21-14,21-9〉佐藤冴香(世界19位)、ベアトリス・コラレス(スペイン、世界22位)〈7-21,11-21〉三谷美菜津(世界28位)

【男子ダブルス】 園田啓悟・嘉村健士(世界2位)〈21-17,21-18〉ワン・チリン/チェン・フンリン(台湾、世界14位)、ゴー・ウェイシェム/タン・ウィーキョン(マレーシア、世界1位)〈21-15,21-18〉小林優吾・保木卓朗(世界18位)、シュー・チェン/リュウ・シャオロン(中国、世界ランクなし)〈21-17,21-14〉遠藤大由・渡辺勇大(世界80位※予選勝ち上がり)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界1位)〈21-15,21-13〉ロシタ・エカ・プトリ・サリ/デラ・デスティアラ・ハリス(インドネシア、世界13位)、福万尚子・與猶くるみ(世界8位)〈21-18,21-11〉アイリス・タべリン/シェリル・セイネン(オランダ、世界44位※予選勝ち上がり)、チェン・チンチェン/ジア・イーファン(中国、世界4位)〈21-15,26-28,18-21〉米元小春・田中志穂(世界16位)、福島由紀・廣田彩花(世界23位)〈21-10,21-9〉ペトヤ・ネデルチェワ/マリヤ・ミトソワ(ブルガリア、世界32位)

【混合ダブルス】 数野健太・栗原文音(世界11位)〈21-18,21-18〉マシアス・クリスチャンセン/サラ・ティゲセン(デンマーク、世界32位)、プラビーン・ジョーダン/デビー・スサント(インドネシア、世界5位)〈17-21,21-19,12-21〉渡辺勇大・東野有紗(世界20位)

 

日本選手2回戦の対戦カード

【男子シングルス】 ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界2位)対坂井一将(世界52位※予選勝ち上がり)

【女子シングルス】 山口茜(世界6位)対チアン・メイフイ(台湾、世界31位)、タイ・ツーイン(台湾、世界1位)対三谷美菜津(世界28位)

【男子ダブルス】 園田啓悟・嘉村健士(世界2位)対アンダース・スカールプ・ラスムセン/キム・アストルプ・ソレンセン(デンマーク、世界11位)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界1位)対福島由紀・廣田彩花(世界23位)、福万尚子・與猶くるみ(世界8位)対グレイシア・ポリー/リズキ・アメリア・プラディプタ(インドネシア、世界ランクなし)、米元小春・田中志穂(世界16位)対アンギア・シッタ・アワンダ/アプリアニ・ラハユ(インドネシア、世界ランクなし)

【混合ダブルス】 ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン(デンマーク、世界4位)対数野健太・栗原文音(世界11位)、ロベルト・マティウシアク/ナディエズダ・ジーバ(ポーランド、世界19位)対渡辺勇大・東野有紗(世界20位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: