Qualifiers have the advantage of adjusting drift and else

インドネシアオープンSSプレミア3日目、前日に続き残り3種目の1回戦が行われ、日本勢は男子シングルス3人、男子ダブルス1組、女子ダブルス2組が2回戦に進んだ。とりわけ予選勝ち上がりの坂井一将選手、園田啓悟・嘉村健士組、前田美順・垣岩令佳組がいずれも格上の相手を倒して1回戦を突破。試合会場の風向きや雰囲気に早くアジャストできるかどうかが勝利につながるカギであることを証明した

また、3月の全英オープンSSプレミア以来の国際大会出場となる佐々木翔選手が3カ月ぶりの国際舞台でどのような試合をするか注目されたが、体の切れが良く、第1、2ゲームともにインドのエース、世界ランク10位のカシャップ・パルパリ選手をまったく寄せ付けず、完勝した。逆に乗り切れなかったのが田児賢一選手。小柄な体ながら、どんな状況にもあきらめず全力で向かっていくプレースタイルでインドネシア国内のみならず各国・地域に広範なファンを持つ実力者、アラムシャ・ユヌス選手に「田児はスピードがなかった」と指摘されるなど精彩を欠き、今大会本戦に臨んだ日本のシングルス勢の中で唯一の1回戦負けとなった

男子シングルスでは田児選手(第5シード)のほかに、優勝候補最右翼の中国チェン・ロン選手(第2シード)、上田拓馬選手に敗れた香港フ・ユン選手(第6シード)、坂井選手に敗れたデンマークのヤン・ヨルゲンセン選手(第7シード)と、シード勢が次々と姿を消した。また、中国ワン・ツェンミン選手にマッチポイントまで追い詰められながら薄氷の勝利をつかんだ第1シードのリー・チョンウェイ選手と2回戦で対戦することが期待されていたベテラン、タウフィック・ヒダヤット選手も、予選勝ち上がりのインド選手に不覚を取った。ヒダヤット選手はアテネ五輪金メダルをはじめ、これまで数々の金字塔を打ち立ててきた四天王の1人だが、地元開催の今大会での引退を早くに表明しており、この日で現役生活に終止符を打った

このほか、男子ダブルスと女子ダブルスでも、ともにデンマークの世界トップペア、マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(世界ランク2位)とクリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール組(同3位)がよもやの1回戦負けと、波乱が起きている

3日目の日本選手試合結果

【男子シングルス】 田児賢一(世界6位)〈22-24,21-16,17-21〉アラムシャ・ユヌス(インドネシア、世界24位)、フ・ユン(香港、世界4位)〈13-21,21-12,19-21〉上田拓馬(世界16位)、カシャップ・パルパリ(インド、世界10位)〈7-21,8-21〉佐々木翔(世界19位)、ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界8位)〈16-21,19-21〉坂井一将(世界39位※予選勝ち上がり)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界4位)〈22-20,18-21,18-21〉ヘンドラ・セティアワン/モハンマド・アーサン(インドネシア、世界12位)、イ・ヨンデ/コ・ソンヒョン(韓国、世界1位)〈21-18,19-21,21-9〉平田典靖・橋本博且(世界13位)、リュウ・シャオロン/チュウ・ツィハン(中国、世界6位)〈21-15,16-21,21-19〉佐伯祐行・垰畑亮太(世界42位)、ガン・テイクチャイ/オン・スーンホック(マレーシア、世界22位)〈21-14,8-21,11-21〉園田啓悟・嘉村健士(世界31位※予選勝ち上がり)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界2位)〈28-26,14-21,21-19〉リリン・アメリア/アンジア・シッタ・アワンダ(インドネシア※予選勝ち上がり)、ガブリエル・ホワイト/ローレン・スミス(英国、世界33位)〈21-12,21-10〉三木佑里子・米元小春(世界47位)、ユー・ヤン/ワン・シャオリ(世界1位)〈21-15,21-10〉福万尚子・與猶くるみ(世界61位)、プーン・ロクヤン/ツェ・インシュー(香港、世界11位)〈17-21,9-21〉前田美順・垣岩令佳(世界101位※予選勝ち上がり)

 

各種目2回戦の日本選手対戦カード

【男子シングルス】 上田拓馬(世界16位)対ディオニシウス・ハヨム・ルンバカ(インドネシア、世界26位)、ブーンサック・ポンサナ(タイ、世界7位)対佐々木翔(世界19位)、R.M.V.グルサイドゥット(インド、世界25位)対坂井一将(世界39位※予選勝ち上がり)

【女子シングルス】 三谷美菜津(世界9位)対イップ・プイイン(香港、世界25位)、ユリアンシェンク(ドイツ、世界3位)対廣瀬栄理子(世界12位)、サイナ・ネワル(インド、世界2位)対高橋沙也加(世界24位)、タイ・ツーイン(香港、世界10位)対橋本由衣(世界32位)、リ・シュエリ(中国、世界1位)対今別府香里(世界36位※予選勝ち上がり)

【男子ダブルス】 リッキー・カランダ・スワルディ/ムハンマド・ウリンヌハ(インドネシア、世界21位)対園田啓悟・嘉村健士(世界31位※予選勝ち上がり)

【女子ダブルス】 高橋礼華・松友美佐紀(世界2位)対ビタ・マリッサ/アプリルサシ・プトリ・レジャルサル・バリエラ(インドネシア、世界30位)、チェン・シュウ/バオ・イーシン(中国)対前田美順・垣岩令佳(世界101位※予選勝ち上がり)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s