A million dollar tournament in ASEAN sponsored by cellphone company

賞金総額100万ドルの新たなトーナメント「アシアタ(AXIATA)カップ」が東南アジアでスタートした。マレーシアとインドネシアでそれぞれ「セルコム」、「XL」という携帯電話事業を展開するマレーシアの上場通信企業Axiata Group Berhad がスポンサーを務め、両国にタイ、シンガポール、フィリピン、ベトナムを加えた東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国が参加。2単1複の男子団体戦で、優勝チームは賞金40万ドルを得る。

アジアバドミントン連盟(BAC)の認可を受けた大会ながら、当初は、オリンピックレースが大詰めを迎えるこのタイミングでの開催に疑問の声も上がっていた。しかふたを開けてみれば、シングルスでは、全英オープンスーパーシリーズ(SS)プレミアでの右肩負傷で全治5週間と診断された世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)が予選ラウンドへの出場を回避したものの、世界11位のタウフィック・ヒダヤット選手(インドネシア)、同12位のグエン・ティエンミン選手(ベトナム)、26位のブーンサック・ポンサナ選手(タイ)ら。ダブルスでは、世界6位のボナ・セプタノ/モハンマド・アーサン組(インドネシア)、同8位のクー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア)、12位のマルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)など、オリンピックレースを戦う東南アジアを代表するトップ選手が顔をそろえた

Mixed team between Asia and Europe (photo provided by Team Philippines)

さらに参加6カ国の中で実力的に劣るフィリピンチームが、外国人枠(2人)を使って招へいしたダブルス世界3位のマシアス・ボー選手(デンマーク)とシングルス世界17位のマーク・ツイブラー選手(ドイツ)も加わった。外国人は東南アジア以外の選手なら誰でも招へい可能となっており、日本や中国の選手も参戦できる

クアラルンプールとジャカルタに分かれて23~25日の3日間、予選ラウンドを戦った結果、準決勝に進出したのは、3戦全勝のインドネシアA「ガルーダ」とインドネシアB「ラジャワリ」、2勝1敗のマレーシアA「タイガー」とマレーシアB「レオパルド」の4チーム。

一方、タイ(1勝2敗)、シンガポール(1勝2敗)、ベトナム(0勝3敗)、フィリピン(0勝3敗)は予選敗退。ただ、各チームは5万ドルずつを手にしている

残りの日程は、ホーム&アウェイ形式で3月30日と4月1日に準決勝。オリンピックレースの残り大会の1つであるオーストラリアオープングランプリ(GP)ゴールド(4月3~8日)を挟んで、4月13日と15日に決勝が行われる

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s