Last day for Local Hero : ChongWei sends Peter home

デンマークオープンSSプレミア準決勝、デンマークの男子シングルス界を長年けん引してきたベテラン、ピーター・ゲード選手にとって、この日が自国開催の上位国際大会での最後のプレーとなった。現在34歳の同選手は、来年7~8月に開催されるロンドン五輪を最後に現役から退く 準決勝の対戦相手、世界ランク1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)とは今年だけで、◆1月の台湾SSファイナル決勝◆5月のインドオープンSS決勝◆6月のインドネシアオープンSSプレミア決勝◆9月のジャパンオープンSS準決勝――で顔を合わせ、いずれも敗れている。試合前日には自ら、デンマークオープンでの最後の試合になる可能性を認め、地元ファンらに「応援で力を貸してほしい」と呼び掛けていた

Sho proves his strength again reaching Semi of SS Premier

デンマークオープンSSプレミア準々決勝、男子シングルスの佐々木翔選手は前日に続いてファイナルゲームまでもつれるも、終盤は貫禄さえ感じさせる試合運びでこれを制し、日本勢で唯一、準決勝に勝ち進んだ この結果、中国のリン・ダン、チェン・ジン両選手を連破した6月のインドネシアオープンSSプレミア時と同じ、ランキングポイント7,700点を確保。準決勝で初めての対戦となる中国3強の一角、チェン・ロン選手(世界3位)を倒せば、SSプレミア決勝という未踏の領域に踏み込むことになる 佐々木選手はこれまで、現在世界のトップを占める選手に対し、◆対リー・チョンウェイ選手(マレーシア、世界1位)0勝3敗◆対リン・ダン選手(世界2位)1勝6敗◆対ピーター・ゲード選手(デンマーク、世界4位)0勝6敗――とまったく歯が立たなかった。しかし今年に入り、下位選手に対する取りこぼしを減らすとともに、上位選手への対策を練り上げることで世界ランクを1ケタ台まで引き上げ、その差を徐々に埋めつつある

One man and Two pairs of Japan remain Last 8s

デンマークオープンSSプレミア2回戦、日本勢の先陣を切って登場した混合ダブルスの池田信太郎・潮田玲子組が勝ち、ベスト8一番乗りを決めた 五輪・世界選手権に次いで上位に位置する大会、SSプレミアのベスト8で得られるランキングポイントは6,050点。この時点で今年3月に池田・潮田組が獲得した最高のポイント、ドイツオープングランプリ(GP)ゴールド準優勝の5,950点を上回った 続いて、女子ダブルスの高橋礼華・松友美佐紀組と男子シングルスの佐々木翔選手が、世界ランク上位の格上を相手にフルゲームを戦い勝利。準々決勝に駒を進めた。このうち、佐々木選手の次戦の相手は世界選手権チャンピオン、中国のリン・ダン選手(世界2位)と目されていたが、香港のウォン・ウィンキ選手(世界27位)に10-21,21-17,19-21で敗れる波乱があった

Last year’s Japanese Finalists lose in first round

デンマークオープンスーパーシリーズ(SS)プレミア1回戦、日本選手は、男子シングルスの佐々木翔選手、女子シングルスの佐藤冴香選手と後藤愛選手、男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組と早川賢一・遠藤大由組、女子ダブルスの藤井瑞希・垣岩令佳組と高橋礼華・松友美佐紀組、混合ダブルスの池田信太郎・潮田玲子組が勝ち、2回戦に進んだ このうち、女子シングルスの後藤選手は世界選手権準優勝のチェン・シャオチエ選手(台湾、世界ランク9位)に21-8,21-15、混合ダブルスの池田・潮田組は英国のネーサン・ロバートソン/ジェニー・ウォールワーク組(世界11位)に21-15,21-19と、格上相手にストレート勝ちを収めた 一方、女子シングルスの廣瀬栄理子選手は予選を勝ち抜いて本戦に出場してきた香港のツェ・インシュー選手(世界86位)に足元をすくわれた。また、昨年のこの大会で女子ダブルス決勝を戦った末綱聡子・前田美順組(世界4位)と松尾静香・内藤真実組(世界7位)が相次いで世界ランク下位のペアに敗れ、1回戦で姿を消した

No China in World Junior Championships Taiwan

台湾で10月28日~11月6日に開催される世界ジュニア選手権(U19)に、中国が不参加を決めた。1992年以降13回目を数えるこの大会で初めてのこと。政治的な要因も指摘されているが、真の理由は明らかになっていない 個人戦では毎回2種目以上で優勝者を輩出。2000年の第5回大会からスタートした男女混合の団体戦でも、全8大会のうち、金メダル7回、銀メダル1回(優勝は韓国)と圧倒的な強さをほこってきた中国だけに、その影響の大きさは推して知るべし 大会の前半(10月28~31日)に予定される団体戦では、エントリーした24カ国・地域が世界ランクを基に3カ国・地域ずつ8つのグループに分かれて総当たり戦を行う。