Fujii/Kakiiwa still standing on the court of Japan Open

Fujii/Kakiiwa beat Korean rival

ジャパンオープンSS準々決勝、日本の女子ダブルス、藤井瑞希・垣岩令佳組(世界ランク4位)が実力拮抗のライバル、韓国キム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組(世界6位)をフルゲームの末に下し、ベスト4に入った。ジャパンオープンでの日本選手による準決勝進出は、4年連続となる

試合は藤井・垣岩組が先行して始まり、第1ゲームを21-12で取る。しかし第2ゲームは一転、攻撃のリズムを取り戻した韓国ペアに終始圧倒され、9-21で落とす。迎えたファイナルゲームは、第2ゲームの流れのまま序盤リードを許す。しかし7-7で追いつくとその後は一進一退の展開に持ち込み、17-16から4連続得点で試合を決めた

藤井選手は試合後の記者会見で、日本開催の今大会だが、特別に意識せずほかの国際大会と同様に臨んでいると述べながらも、「日本で勝つのは海外で勝つよりうれしい」と率直に喜びを表現。垣岩選手も「応援に後押しされた」とコメントした。第3シードの藤井・垣岩組にとって、第1、第2シードのいない準決勝、決勝となるが、「先を見すぎず、次の試合に集中する」(垣岩選手)と述べた

Missed two match points

一方、勝てば藤井・垣岩組との日本勢同士の準決勝が期待された松尾静香・内藤真実組(世界7位)は中国の若手ペア、バオ・イーシン/ツォン・チエンシン組(世界90位)と対戦。第1ゲームを21-18と競り勝つと、第2ゲームも終盤抜け出し20-18とダブルマッチポイントを握る。しかしここで決め切れず、4連続失点し逆転でこのゲームを失うと、ファイナルゲームは終始リードされる展開となり、19-20と一点差まで迫るも届かず、涙を飲んだ

Tago challenges Top Players

男子シングルス世界1位のリー・チョンウェイ選手(マレーシア)に挑んだ田児賢一選手(世界19位)は、自ら無理に打たず、つないで相手のミスを誘う戦略が奏功し、第1ゲームを23-21と逆転で先取する。しかし第2ゲームはリー選手が地力の違いを見せ21-7と圧倒。第3ゲームも、リー選手が序盤からリードし、18-9と大差を付ける。終盤にもたつき追い上げを許したものの、一貫して余裕のある試合運びで田児選手の挑戦を退けた

田児選手は試合後、第1ゲームを奪い試合の流れを作れたことは良かったとしながらも、「第2ゲームが現在の実力差」と強調。リー選手の強さを率直に認めた上で、勘違いすることなく、今後、この差を埋められるように努力していくと語った

混合ダブルスの佐藤翔治・松尾静香組(世界26位)は、世界4位のデンマーク、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセ ン組に挑戦した

Danish World No.4 stunned Sato/Matsuo

今大会、格上のインドネシアペアとロシアペアを下して勝ち上がってきた佐藤・松尾組は第1ゲーム、序盤から着実に得点を重ね13-7とリードする。しかしここから形勢逆転。突然失速して、1点も取れないまま13-21でこのゲームを落とすと、第2ゲームに入ってもリズムは戻らず10-21と完敗した

German stopped Chinese No.2

この日は、女子シングルスで世界2位のワン・シーシャン選手がドイツのユリアン・シェンク選手に敗れ、この種目の中国3強は世界1位のワン・イーハン選手のみとなった

各種目準々決勝の結果

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)〈21-23,21-7,21-18〉田児賢一(世界19位)、ピーター・ゲード(デンマーク、世界3位)〈21-14,21-15〉シモン・サントソ(インドネシア、世界16位)、チェン・ロン(中国、世界4位)〈21-14,21-13〉ヤン・ヨルゲンセン(デンマーク、世界14位)、リン・ダン(中国、世界2位)〈20-22,21-14,22-20〉チェン・ジン(中国、世界6位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界1位)〈21-17,14-21,21-15〉ティネ・バウン(デンマーク、世界6位)、リウ・シン(中国、世界9位)〈22-20,21-15〉タイ・ツーイン(台湾、世界19位)、サイ ナ・ネワル(インド、世界5位)〈21-17,21-13〉グ・ジュアン(シンガポール、世界23位)、ワン・シーシャン(中国、世界2位)〈15-21,19-21〉ユリアン・シェンク(ドイツ、世界 8位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)〈21-12,21-14〉ヘンドラ・アプリダ・グナワン/アルベン・ユリアント・チャンドラ組(インドネシア、世界9位)、 クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア、世界5位)〈21-16,19-21,21-17〉リム・キムワー/ゴー・ウェイシェム組(マレーシア、世界43位)、モハンマド・アーサ ン/ボナ・セプタノ組(インドネシア、世界6位)〈21-5,21-16〉リウ・シャオロン/チウ・ツィハン組(中国、世界28位)、マルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組 (インドネシア、世界7位)〈21-10,15-21,21-14〉イ・ヨンデ/コ・ソンヒョン組(韓国、世界85位)

【女子ダブルス】 チェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組(台湾、世界5位)〈21-17,21-8〉オム・ヘウォン/チャン・イエナ組(韓国、世界135位)、プーン・ロクヤン/ツェ・イン シュー組(香港、世界12位)〈11-21,21-12,21-15〉クリスティナ・ペダーセン/カミラ・リタ・ユール組(デンマーク、世界13位)、藤井瑞希・垣岩令佳組(世界4位)〈21-12,9-21,21-16〉キム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組(韓国、世界6位)、松尾静香・内藤真実組(世界7位)〈21-18,20-22,19-21〉バオ・イーシン/ツォン・チエンシン組(中国、世界90位)

【混合ダブルス】 ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)〈21-12,21-12〉シュ―・チェン/マー・ジン組(中国、世界6位)、スッケー・プラパカモン/サラリー・トウント ンカム組(タイ、世界3位)〈18-21,12-21〉チェン・フンリン/チェン・ウェンシン組(台湾、世界7位)、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセ ン組(デンマーク、世界4位)〈21-13,21-10〉佐藤翔治・松尾静香組(世界26位)、マイケル・フックス/バージット・ミシェルズ組(ドイツ、世界11位)〈21-12,22-20〉ホン・ウェイ/パン・パン組(中国、世界110位)

 

準決勝の組み合わせは以下の通り。男女シングルスで中国選手同士、男子ダブルスでインドネシアペア同士の対戦となりつぶし合いとなるため、すべての種目において決勝での同国対決が回避された

【男子シングルス】 リー・チョンウェイ(マレーシア、世界1位)対ピーター・ゲード(デンマーク、世界3位)、リン・ダン(中国、世界2位)対チェン・ロン(中国、世界4位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界1位)対リウ・シン(中国、世界9位)、サイ ナ・ネワル(インド、世界5位)対ユリアン・シェンク(ドイツ、世界 8位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)対クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア、世界5位)、モハンマド・アーサ ン/ボナ・セプタノ組(インドネシア、世界6位)対マルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組 (インドネシア、世界7位)

【女子ダブルス】 チェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組(台湾、世界5位)対プーン・ロクヤン/ツェ・イン シュー組(香港、世界12位)、藤井瑞希・垣岩令佳組(世界4位)対バオ・イーシン/ツォン・チエンシン組(中国、世界90位)

【混合ダブルス】 ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組(中国、世界1位)対チェン・フンリン/チェン・ウェンシン組(台湾、世界7位)、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセ ン組(デンマーク、世界4位)対マイケル・フックス/バージット・ミシェルズ組(ドイツ、世界11位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: