Taiwan’s Teenager shines again in birthday week

17years+2days old girl beat China’s No.2

インドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミア1回戦、20日に17歳になったばかりの台湾の女子シングルス、タイ・ツーイン選手が、前週のシンガポールオープンSSを制した世界ランク2位の中国ワン・シン選手をフルゲーム(15-21,21-15,21-19)の末に下す番狂わせがあった

昨年は、誕生日をシンガポールオープンSS最終日に迎え、決勝ではインドのサイナ・ネワル選手に敗れたものの、弱冠16歳(準決勝までは15歳)でSS準優勝という快挙を成し遂げている

現在、世界21位のタイ選手は、台湾の中ではチェン・シャオチエ選手(世界10位)に次ぐ2番手で、世界16位までランクを上げれば、ロンドン五輪出場枠獲得圏内に入る

日本選手で1回戦を突破したのは以下の通り。このうち、男子シングルスの佐々木翔選手はあすの2回戦で、4月のアジア選手権、5月の男女混合国別対抗戦スディルマンカップに続いて、三たび中国のエース、リン・ダン選手と対戦する。前2回はいずれも敗れたものの、最後までもつれる僅差の好勝負を演じてきているだけに、3度目の正直に期待したい

また女子シングルスの佐藤冴香選手にとっては2009年がベスト8、10年が準優勝と好成績を残している相性の良い大会で、こちらも活躍が期待される

【男子シングルス】 佐々木翔(世界16位)、田児賢一(世界18位)、山田和司(27位)

【女子シングルス】 佐藤冴香(世界19位)、栗原文音(世界28位)

【男子ダブルス】 佐藤翔治・川前直樹組(世界14位)、数野健太・廣部好輝組(世界20位)

【女子ダブルス】 藤井瑞希・垣岩令佳組(世界4位)、松尾静香・内藤真実組(世界6位)

【混合ダブルス】 池田信太郎・潮田玲子組(世界16位)、佐藤翔治・松尾静香組(世界63位)、早川賢一・松友美佐紀組(世界79位)

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: