LinDan’s walkover makes Singaporean crowd unhappy

He explained, at least

シンガポールオープンSS、男子シングルス決勝で中国のリン・ダン選手(世界ランク2位)が体調不良を理由に棄権した

同選手が自ら記者会見で説明したところによると、前日のピーター・ゲード戦の後、調子が悪くなり、決勝当日の朝になっても良くならなかったため、世界バドミントン連盟(BWF)公認のトーナメントドクターに診てもらったところ、胃腸炎と診断されたという

リン選手は、決勝の相手である同僚のチェン・ジン選手とともにコートに現れ、自らの口で棄権の説明と謝罪を行ったが、同選手の試合を待ち望んでいた観衆からは大ブーイングを浴びた

Big Boo came from spectator

リン選手は記者会見で、試合を重ねるごとにシンガポールの観衆のサポートを感じていたので棄権は非常に残念とした上で、彼らの反応(ブーイング)は理解できると語った。またシンガポールオープンで初めて決勝に進出できた今回の自らのパフォーマンスに満足していると述べた。数々のタイトルを総なめにしてきたリン選手だが、シンガポールオープンのタイトルは手にしていない

来週行われるインドネシアオープンSSプレミアについては、現地に向かうことは確認したが、出場の可否は体調の回復次第と述べるにとどめた

なおBWFの役員が BadPaL に説明したところによると、公認ドクターの診断を受けていれば、試合直前の棄権であってもペナルティーは科されないという

一方、リン・ダン選手の棄権によりSS優勝を手にしたチェン・ジン選手の世界ランクは現在の9位より上昇することになる

Japanese killer grabbed title

日本選手がもう一歩のところで決勝進出を逃した女子ダブルスでは、準々決勝で末綱聡子・前田美順組(世界3位)、準決勝で松尾静香・内藤真実組(世界6位)を相次いで破った中国のツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(世界10位)が、藤井瑞希・垣岩令佳組を準決勝で退けた韓国のキム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組(世界13位)をストレートで下し優勝した

各種目決勝の結果は以下の通り。中国が男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルスの4冠を達成した

【男子シングルス】 チェン・ジン(中国、世界9位)〈不戦勝〉リン・ダン(中国、世界2位)

【女子シングルス】 ワン・シン(中国、世界2位)〈21-19,21-17〉ティネ・バウン(デンマーク、世界9位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界3位)〈21-17,21-13〉ヘンドラ・アプリダ・グナワン/アルベン・ユリアント・チャンドラ組(インドネシア、世界10位)

【女子ダブルス】 ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界10位)〈21-13,21-16〉キム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組(韓国、世界13位)

【混合ダブルス】 タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア、世界5位)〈21-14,21-21〉チェン・フンリン/チェン・ウェンシン組(台湾、世界14位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: