Archive | June 26, 2011

Playing as usual ain’t easy ; No Japanese in Finals

インドネシアオープンSSプレミア準決勝、男子シングルスで佐々木翔選手が、「彼に勝つのが夢」と語るデンマークのベテラン、ピーター・ゲード選手に挑んだ。しかし、今大会好調のゲード選手に自分のゲームをさせてもらえずに敗退。快進撃もここまでとなった 世界バドミントン連盟(BWF)のデータベースによると、佐々木選手のゲード選手との通算対戦成績は0勝5敗。直近の対戦は4月のインドオープンSSで、この時は12-21,17-21でストレート負けを喫していた 今回は、ゲード選手の技術と戦略に裏打ちされた巧みなプレーに翻弄され、思うようなゲームをさせてもらえなかった。第1ゲームは序盤から主導権を握られ、とりわけ中盤以降、7連続得点などで突き放され11-21で落とす。続く第2ゲームは中盤まで競り合うものの、13-15から5連続得点を許すと万事休す。 14-21で敗れた 佐々木選手は試合後、BadPaL の取材に対し、

Continue reading