Ready for a year long Olympic Race

アジア選手権最終日、中国選手以外で唯一、決勝のコートに立った男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組は、今大会第1シードの中国カイ・ユン/フー・ハイファン組に敗れ準優勝に終わった。ただこの結果は、いよいよ目前に迫ったオリンピックレースに向け、大きな自信となったようだ この試合は、男女シングルスの決勝とともに、地元テレビ局CCTV5が生中継した 第1ゲーム、出だしは互いに点を取り合う展開ながら、カイ/フー組が押し気味にゲームを進め、ゲーム中盤9-7とリードしたところから7連続ポイントで平田・橋本組を突き放すと、その流れのまま21-12で勝利した 第2ゲームに入ると、平田・橋本組がペースをつかみはじめたか、カイ/フー組がわずかにリードするも14-13まで最少得点差で食らいつく。しかし、ここから地力に勝る中国ペアがじりじりと点差を広げ、21-15で日本ペアの初挑戦を退けた 平田・橋本組は試合後、BadPaL の取材に応じ、

HIRATA/HASHIMOTO, non-Chinese finalists

中国・成都で行われているアジア選手権、男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組(世界ランク10位)が見事に決勝進出を決め、全種目を通じて唯一、中国選手以外のファイナリストとなった 23日の準決勝は、地元テレビ局CCTV5の中継時間に合わせて、正午からの昼の部(10試合中5試合)に、中国選手対外国選手の4試合すべてが組み込まれた 平田・橋本組の対戦相手、チャイ・ビャオ/グオ・ツェンドン組(世界41位)は、来年のロンドン五輪を見据えた中国バドミントン協会(CBA)による選手組み換えで今年新たに結成されたペア。世界ランクはまだそれほど高くないが、1月のマレーシアオープンスーパーシリーズ(SS)でいきなり優勝を果たすなど、実力は世界トップクラスだ

HIRATA/HASHIMOTO upsets Beijing Gold medalists

アジア選手権準々決勝、男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組(世界ランク10位)が、北京五輪金メダリストのマルキス・キド/ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア、世界6位)を一蹴した 第1ゲーム開始直後こそ1点を取り合う攻防となったが、平田・橋本組は6-6から抜け出した後、着実に点数を重ね21-15で先勝。続く第2ゲームは、とりわけ平田選手がネット前をほぼ完全に制し、今大会第2シードの格上ペアに反撃の糸口を与えない一方的な試合運びで21-13と完勝した。平田・橋本組がキド/セティアワン組を下すのは4度目の対戦で初めて。3月に行われた全英オープンスーパーシリーズ(SS)プレミアのリベンジも果たした

Sho beats World Champ in rubber game

中国・成都で開催中のアジア選手権、21日は各種目ベスト8入りをかけた試合が行われ、男子シングルスで、佐々木翔選手(世界ランク19位)が昨年の世界選手権覇者、中国チェン・ジン選手(世界8位)をフルゲームの末に下した 試合は序盤から、佐々木選手がコントロールする展開。第1ゲームを21-12で奪うと、第2ゲームも一時は13-6と大きくリードを広げストレート勝ちするかに見えた。しかし終盤、微妙なラインジャッジが2つ続くと佐々木選手のペースが乱れて追いつかれ、地元の大声援もありチェン選手が22-20で試合をタイに戻した 迎えたファイナルゲーム、嫌な雰囲気の中、このままずるずるいくかとも思われたが、佐々木選手はしっかり気持ちを立て直す。中盤に追いつかれいったんリードを許す場面はあったものの、全体として佐々木選手がゲームを支配。最後は21-15のスコアで1時間15分に及んだ試合を制した 佐々木選手は試合後、BadPaL の取材に対し、

Qingdao stays just behind Hunan

中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)の第2節第5戦が16日に行われ、首位の湖南(湖南湘财证券羽毛球俱乐部)が1勝差で続いていた2位の広州(广州市粤羽羽毛球俱乐部)を5対0で完封した 2位グループのもう1チーム、ディフェンディングチャンピオンの青島(青岛啤酒羽毛球俱乐部)は、リーグ参戦8チーム中7位の江蘇(江苏尤尼克斯羽毛球俱乐部)に3対2で競り勝ち、独走する湖南の背後に依然、ピタリとはりついている。湖南と青島は、次戦(28日)の後の最終戦(30日)で直接対決を残している