Archive | April 8, 2011

2,700 Enthusiasts play in Taipei

毎年恒例となっているモーニングカップ国際バドミントン大会(世界清晨杯羽球錦標賽)が8日、台北市で開幕した 40回目を迎えた今年は、総勢2,702人が参加。このうち3分の1強が、日本、韓国、中国、香港、マカオ、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、オーストラリア、アメリカ、カナダといった海外からのエントリーで、日本人の出場者は約180人に上った 開催期間は3日間。種目は年齢別以外に、親子・夫婦・祖父母と孫のダブルス、トリプルスなど、さまざなカテゴリーに分類されている。ちなみに、参加全選手の中の最高齢は、男子シングルス85歳以上の部に出場する台湾の呉炳炎さんで91歳。試合は大会名の由来通り、午前8時にスタートし、連日、夜遅くまで続けられる

Continue reading