Bitter debut for Taufik in China League

中国バドミントンスーパーリーグ(CBSL)の第1節第5戦が3日に開催され、インドネシアのタウフィック・ヒダヤット選手が初参戦を果たした

同選手が外国人助っ人として加わった広州(广州市粤羽羽毛球俱乐部)は、4戦を終えた時点で2勝2敗。3勝1敗で一歩リードする湖南(湖南湘财证券羽毛球俱乐部)湖北(湖北武汉中国车都羽毛球俱乐部)を追っていた

広州はこの日、湖南と対戦、しかし期待のヒダヤット選手(男子シングルス世界ランク3位)が湖南のエース、バオ・チュンライ選手(世界8位)に12-21,17-21のストレート負け。チームも1対4で敗れ、ヒダヤット選手にとってほろ苦い中国リーグデビューとなった

ヒダヤット選手は、5日に行われる次の第6戦に参加した後、全英オープンスーパーシリーズ(SS)プレミア出場のため、バーミンガムに飛ぶ

逆に、現在開催中のドイツオープングランプリ(GP)ゴールドに出場しているリン・ダン選手(八一)、チェン・ジン選手(江蘇)、ワン・ツェンミン選手(広州)は、第5戦に続いて第6戦も欠場する

一方、中国の情報筋によると、中国ナショナルチームは、スーパーリーグ第4戦(2月26日)で右ひざを負傷した女子シングルスのワン・イーハン選手(世界2位)の全英オープン欠場を決めたもよう。ただケガの状態については明らかになっていない

3日の試合結果

湖南・4勝1敗〈4―1〉広州・2勝3敗

湖北・4勝1敗〈3―2〉上海(上海兹韦克羽毛球俱乐部)・1勝4敗

青島(青岛啤酒羽毛球俱乐部)・3勝2敗〈4―1〉江蘇(江苏尤尼克斯羽毛球俱乐部)・2勝3敗

八一(八一东凌粮油羽毛球俱乐部)・2勝3敗〈3―2〉浙江(浙江银江羽毛球俱乐部)・2勝3敗

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: