Tag Archives: Ratchanok INTHANON

Japanese shuttlers not succeed in winning gold in Auckland for first time since 2009

ニュージーランドオープンGPゴールド決勝、川上紗恵奈選手、櫻本絢子・髙畑祐紀子組ともにフルゲームを戦うも敗れ、日本勢がこの大会、2009年から続けてきた優勝を逃した。とりわけ櫻本・髙畑組はファイナルゲーム19点まで先行しながら、あと2点が遠かった

Continue reading

【WS】 No China’s dominance : Let the best woman of the week win

【リオ五輪展望4】 今回、金メダルの行方を予想するのが最も難しいのが女子シングルス。前回までの中国優勢から一転、少なくとも6つの国・地域のエースに勝機はある。

Continue reading

Ratchanok to be World no.1, Japan bags two silver in Singapore

シンガポールオープンSS決勝、女子シングルスでタイのラッチャノク・インタノン選手が優勝し、インド、マレーシア、シンガポールと続いたSSアジア3連戦を完全制覇。この結果、21日更新の世界ランキングでスペインのカロリナ・マリン選手を抜いて1位に立つ。一方、昨年に続いて決勝に進んだ日本勢は、園田啓悟・嘉村健士組、高橋礼華・松友美佐紀組ともに準優勝に終わった

Continue reading

Former World Junior champs earn their 2nd SS title

インドネシアオープンSSプレミア決勝、男子シングルスの桃田賢斗選手は、ディフェンディングチャンピオン、世界ランク2位のヤン・ヨルゲンセン選手を逆転で破って優勝。4月のシンガポールオープンに続き、上位大会SSで早くも2勝目(SSプレミアは初)を挙げた。一方、女子シングルスの橋本由衣選手は準優勝に終わったが、今大会ではSS優勝者3人を倒しており、五輪レース序盤で次につながる確かな一歩を刻んだ

Continue reading

Last Day of WC : Usual winner with unusual ending in MS final

世界選手権7日目、注目の男子シングルス決勝、リー・チョンウェイ対リン・ダンは、2011年の世界選手権決勝、12年のロンドン五輪決勝に続いてまたもファイナルゲームまでもつれる接戦となった。しかし今回は、ギリギリのところでリー選手の負傷棄権という予期せぬ結末を迎えた。ワイルドカード(特別枠)で出場権を得たリン・ダン選手だったが、今年10月に30歳を迎えるベテランは、前回2011年大会で同じくリー選手を破って獲得したタイトルを守ると同時に、前人未到の世界選手権5勝(2006,07,09,11,13年)を成し遂げた 女子シングルスでは、1995年生まれの18歳、ラッチャノク・インタノン選手が、ロンドン五輪金メダルの中国リ・シュエリ選手を倒し、タイの選手として初の世界チャンピオンになった

Continue reading