Ratchanok,Viktor back on form earning their 3rd and 2nd in India

インドオープン(SUPER500)が3月26~31日に開催され、ラッチャノク・インタノン(タイ)とビクター・アクセルセン(デンマーク)がそれぞれ3度目、2度目の栄冠を手にし、今シーズンの好調をあらためて印象付けた

Season’s second SUPER500 title for Ratchanok  @archives

上位大会アジア3連戦の初戦とあって、日本をはじめとする主要国・地域のトップが、1つ格付けの高い次週開催のマレーシアオープン(SUPER750)を見据えエントリーを見送った。そんな中、世界ランク8位のラッチャノクは、準決勝で中国3番手(世界13位)、決勝で中国2番手(世界7位)を破り、優勝した

インドオープンのタイトル獲得は2013、16年に次いで3度目で、3年ごとに優勝していることになる

世界ランク上位陣の主戦場の1つに位置付けられる「SUPER500」は、今シーズンこれまでに全7大会中3つを消化。ラッチャノクはこのうち、1月のマレーシアマスターズに次いで2つ目を制した

男子シングルスは、世界4位のアクセルセンが同7位キダンビ・スリカンス(インド)を決勝で破り、2年ぶり2度目の優勝を遂げた。デンマーク25歳のエースは今シーズン、出場したワールドツアー5大会で、◆優勝2回◆準優勝1回◆ベスト4が2回――と、結果が安定している

一方、自国開催の大会で4年ぶり2度目の優勝を狙ったスリカンスだったが、果たせず、今シーズン初のタイトル獲得も次回以降に持ち越しとなった。同じくタイトル奪取を期待された女子シングルス2017年優勝のプサルラ・ヴェンカタ・シンドゥは、準決勝で敗れ、姿を消した

男子ダブルスは、昨年末のチェン・フンリン代表引退に伴い今シーズンからペアを組み始めたリー・ヤン/ワン・チリン(台湾)が、「SUPER500」を初制覇した。このペアは五輪レースのスタート前に世界ランキングを上げるため、2月19日のスペインマスターズ(SUPER300)から休みなしで連戦中で、インドオープンは6週目。続けて7週目、マレーシアオープン(SUPER750)に出場予定だ

女子ダブルスと混合ダブルスは、ともに第1シードのグレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア)、ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国)が順当勝ちで今シーズン初優勝。世界ランク上位が揃うマレーシアオープンに向け、弾みをつけた

 

準決勝(30日)の結果

【男子シングルス】

キダンビ・スリカンス(インド、第3シード)<16-21,21-14,21-19>ホワン・ユーシアン(中国)

ビクター・アクセルセン(デンマーク、第2シード)<21-11,21-17>カシャップ・パルパリ(インド)

【女子シングルス】

ラッチャノク・インタノン(タイ、第4シード)<21-15,19-21,21-18>ハン・ユエ(中国、第7シード)

プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ(インド、第2シード)<21-23,18-21ホー・ビンジャオ(中国、第3シード)

【男子ダブルス】

アンダース・スカールプ・ラスムセン/キム・アストルプ・ソレンセン(デンマーク、第1シード)<12-21,18-21>リー・ヤン/ワン・チリン(台湾)

B.スミース・レディ/マヌ・アトリ(インド、第6シード)<12-21,17-21>リッキー・カランダスワルディ/アンガ・プラタマ(インドネシア)

【女子ダブルス】

グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第1シード)<21-9.19-21,21-5>デラ・デスティアラ・ハリス/タニア・オクタビアニ・クスマー(インドネシア)

ラウィンダ・プラジョンジャイ/ジョンコンパン・キッティハラクン(タイ、第2シード)<21-18,19-21,19-21>リー・メンイーン/チョウ・メイクアン(マレーシア、第3シード)

【混合ダブルス】

ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第1シード)<21-13,21-16>ハフィズ・ファイザル/グロリア・エマヌエル・ウィジャジャ(インドネシア、第4シード)

プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア、第5シード)<21-9,23-21>リー・ヤン/ヤン・チントゥン(台湾)

 

決勝(31日)の結果

【男子シングルス】ビクター・アクセルセン(デンマーク、第2シード)<21-7,22-20>キダンビ・スリカンス(インド、第3シード)

【女子シングルス】ホー・ビンジャオ(中国、第3シード)<15-21,14-21>ラッチャノク・インタノン(タイ、第4シード)

【男子ダブルス】リー・ヤン/ワン・チリン(台湾)<21-14,21-14>リッキー・カランダスワルディ/アンガ・プラタマ(インドネシア)

【女子ダブルス】グレイシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ(インドネシア、第1シード)<21-11,25-23>リー・メンイーン/チョウ・メイクアン(マレーシア、第3シード)

【混合ダブルス】ワン・イーリュ/ホワン・ドンピン(中国、第1シード)<21-13,21-11>プラビーン・ジョーダン/メラティ・ダエバ・オクタビアンティ(インドネシア、第5シード)

 

 

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: