Tag Archives: Kenichi HAYAKAWA

Ayaka and Misaki make Semis after avenging World C’ships loss

チャイナオープンSSプレミア準々決勝、4月のシンガポールオープン以来、久しぶりに早川賢一・遠藤大由組と高橋礼華・松友美佐紀組が揃ってSSのベスト4に残った。とりわけ高橋・松友組は、8月の世界選手権で不覚を取ったマレーシアペアを抑え込み、かねて口にしている、「同じ相手に2回続けて負けないようにする」という目標を有言実行。五輪レース突入後、一度も果たしていない決勝進出に向け、はずみをつけた Advertisements

Continue reading

HAYAKAWA and ENDO rarely miss last 8 spot in SS events

チャイナオープンSSプレミア2回戦、シーズン1年間を通じて堅実な強さを誇る日本の男女ダブルスのエース、早川賢一・遠藤大由組と高橋礼華・松友美佐紀組がしっかり勝ち、ベスト8に残った。一方、シングルス陣は男女ともに強豪の壁に阻まれ相次ぎ敗退。奥原希望選手だけが、準々決勝に進んだ

Continue reading

Japanese shuttlers fail to reach semifinals in Paris this year

フレンチオープンSS準々決勝、日本勢はすべて敗れ、ベスト4に1人も残れなかった。これまでは◆2011年:田児賢一(※準優勝)、平田典靖・橋本博且、藤井瑞希・垣岩令佳◆12年:三谷美菜津(※優勝)、田児、廣瀬栄理子、松尾静香・内藤真実◆13年:田児(※準優勝)、廣瀬◆14年:早川賢一・遠藤大由(※準優勝)、桃田賢斗、松尾・内藤――と4年連続で準決勝以上に進出していた

Continue reading

Nozomi breaks one of Chinese three pillars at French Open

今シーズンのスーパーシリーズ(SS)第10戦、フレンチオープンは20日、パリで開幕し、22日までにベスト8が出そろった。日本勢は、男子シングルスの佐々木翔選手、女子シングルスの奥原希望選手、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組、混合ダブルスの園田啓悟・福万尚子組が勝ち残った。このうち奥原選手は、中国3強の一角を初めて崩した

Continue reading

Day 6 of WC : Disappointing losses will make Japanese tougher, or not

世界選手権6日目、決勝進出に挑んだ桃田賢斗選手、早川賢一・遠藤大由組、福万尚子・與猶くるみ組はいずれも敗れ、快挙達成はならなかった。ただ、五輪と並ぶ世界最高峰の大会で銅メダルという明確な結果を残した5人、試合後に見せた悔しさをプラスのエネルギーに変えさらなる高みに進めるか、今大会の真の評価は、来月のジャパンオープンから来年4月のアジア選手権まで続く、残りの五輪レースで明確になる

Continue reading