Archive | WorldChampionships2017 RSS feed for this section

Last Day in Glasgow : Nozomi earns not only World title but recognition as the fighter

世界選手権最終日、奥原希望選手がインドのプサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ選手との110分に及ぶ激闘を制し、日本シングルス陣では史上初めて、世界の頂点に立った。同時に、どんなに苦しくても最後まで決してあきらめない「ファイター」として、決勝を目撃したすべての人の記憶に、その名を刻んだ Advertisements

Continue reading

Day 6 in Glasgow : Yuki/Sayaka and Nozomi make finals by beating former finalists

世界選手権6日目、今大会第7シードの奥原希望選手と第9シードの福島由紀・廣田彩花組が、ともに前回大会の銀メダリストを破って決勝進出を果たした。一方、第1シードの高橋礼華・松友美佐紀組と第4シードの園田啓悟・嘉村健士組は敗れ、銅メダルとなった

Continue reading

Day 5 in Glasgow : Name of Ayaka/Misaki finally added to list of World’s medalists

世界選手権5日目、各種目の準々決勝が行われ、奥原希望選手、園田啓悟・嘉村健士組、高橋礼華・松友美佐紀組、福島由紀・廣田彩花組が勝ち、この時点で日本勢は前回大会の3つを上回る4つのメダルを確保した。とりわけ女子ダブルスの歴代五輪金メダリストの中で唯一、世界戦のメダルのなかった高橋・松友組は、5度目の挑戦でようやく手が届いた

Continue reading

Day 4 in Glasgow : SS champs of Japan reach last 8 while Akane fails

世界選手権4日目、各種目の3回戦が行われ、日本勢はスーパーシリーズ(SS)優勝経験のあるシングルス1人、ダブルス4ペアがベスト8に入った。ただ、SS優勝3回の山口茜選手は、大会前の強化合宿で対策を練ってきた年下の中国チェン・ユーフェイ選手に初黒星を喫し、世界戦初挑戦をベスト16で終えた

Continue reading

Day 3 in Glasgow : Seeded Japanese women advance to 3rd round except for one

世界選手権3日目、2回戦の残り試合が行われ、各種目のベスト16が出そろった。日本の女子は全員シードのため、2回戦が初戦だったが、佐藤冴香選手以外は順当に3回戦へ進んだ。一方、男子シングルスでは、1回戦を唯一突破した常山幹太選手がマッチポイントを握りながら勝てず、悔しい敗戦。前回、桃田賢斗選手が日本人初のメダルを獲得したこの種目、今回は誰もベスト16に届かなかった

Continue reading