Day 1 of WC : No Japanese loses except TAGO’s withdrawal

世界選手権が5日、中国・広州で開幕した。大会初日は男子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの1回戦が行われ、日本勢は、故障のため出場回避を決め中国入りしなかった男子シングルスの田児賢一選手を除きすべて初戦を突破。2回戦に進んだ

今大会の注目は男子シングルス。長く世界ランク1位の座を守りながら、いまだオリンピックと世界選手権のタイトルを取っていないリー・チョンウェイ選手(マレーシア)と、オリンピックと世界選手権のチャンピオンながら、ロンドン五輪後、4月のアジア選手権を除き国際大会への出場をすべて回避し世界ランクを100位まで落としたリン・ダン選手(中国)の2人はこの日、ともに危なげなく勝利した

日本選手1日目の結果

【男子シングルス1回戦】 田児賢一(世界9位)〈棄権〉エリック・パン(オランダ、世界29位)、上田拓馬(世界16位)〈16-21,21-11,21-13〉チェン・アシュトン・ヨンツァオ(シンガポール、世界59位)、佐々木翔(世界18位)〈21-6,21-18〉アリステア・キャセイ(スコットランド、世界127位)

【女子ダブルス1回戦】 三木佑里子・米元小春(世界21位)〈21-6,21-7〉マデレイン・ステープルトン/アナ・ランキン(ニュージーランド、世界102位)、脇田侑・江藤理恵(世界58位)〈21-19,21-19〉チエン・ユーチン/ウ・ティジュン(台湾、世界69位)

【混合ダブルス1回戦】 早川賢一・松友美佐紀(世界23位)〈21-16,21-11〉ジャクブ・ビトマン/アルズベタ・バソワ(チェコ、世界80位)、コナ・タルン/アシュウィニ・ポンナッパ(インド、世界30位)〈18-21,21-12,19-21〉橋本博且・前田美順(世界44位)

大会2日目は、女子シングルスと男子ダブルスの1回戦と、混合ダブルスの1回戦が行われる

日本選手2日目の対戦カード

【女子シングルス1回戦】 高橋沙也加(世界23位)対ティー・ジンイ(マレーシア、世界42位)、アプリラ・ユスワンダリ(インドネシア、世界22位)対今別府香里(世界32位)

【男子ダブルス1回戦】 平田典靖・橋本博且(世界22位)対リノ・ムニョス/ロペス・アンドレス(メキシコ、世界108位)

【混合ダブルス2回戦】 アナース・クリスチャンセン/ジュリー・ハウマン(デンマーク、世界14位)対早川賢一・松友美佐紀(世界23位)、ムハンマド・リジャル/デビー・スサント(インドネシア、世界6位)対橋本博且・前田美順(世界44位)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s