Archive | August 10, 2013

Day 5 of WC : So close but not close enough to the medal

世界選手権5日目、混合ダブルスの早川賢一・松友美佐紀組が世界ランク2位のタントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア)相手に、ファイナルゲーム19-20まで迫る健闘を見せるもあと一歩及ばず惜敗。男子ダブルスの早川・遠藤大由組も世界選手権3連覇中(通算4勝)のカイ・ユン/フー・ハイファン組(中国)に敗れ、前回2011年の末綱聡子・前田美順組に続く日本勢のメダル獲得はならなかった この日の最終試合に入った早川・松友組は、今大会に出場したすべての日本選手が見守る中、1月の韓国オープンでまったく歯が立たなかったインドネシアのトップペアに挑んだ。第1ゲーム、何もさせてもらえぬままいきなり1-11と大差をつけられ、4点しか取れなかった前回対戦時の再現か、と嫌な雰囲気が漂う。

Continue reading