Fujii/Kakiiwa is only Japanese proceeding to Semis

チャイナマスターズSS準々決勝、女子ダブルスの藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)が、元世界ランク1位の台湾チェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組(世界5位)をストレートで下し、日本勢で唯一、準決勝に進んだ

第1ゲームは、藤井・垣岩組が15-10と点差を広げるも、ここから台湾ペアに6連続得点を許し逆転され、嫌な流れとなる。しかし16-18から逆に5連続得点を上げ、このゲームを取る。第2ゲームは台湾ペアのペースで進み14-16とリードされるが、ここでも終盤の連続得点で21-16とし、逆転で試合を決めた

男子シングルスの佐々木翔選手は、今年5度目となる世界選手権チャンピオン、中国リン・ダン選手との対戦に臨んだ

4月のアジア選手権と5月のスディルマン杯の対戦時に手ごたえをつかみ、6月のインドネシアオープンSSプレミアでついにリン・ダン選手から初勝利(21-12,21-18)を上げた佐々木選手だったが、8月の世界選手権ではストレート負け。とりわけ大舞台におけるリン選手の技術、精神両面の強さを再認識させられていた

こうした流れを受け迎えた今回の対戦だったが、結果は佐々木選手の完敗。第1ゲームは序盤に開いた得点差を埋められず15-21、第2ゲームでは1-15と屈辱的な大差をつけられ、最後は6-21と圧倒された

男子シングルスではリン選手のほか、同じく中国のチェン・ロンチェン・ジン両選手が勝ち上がり、これに唯一、中国選手を破って勝ち進んだデンマークのベテラン、ピーター・ゲード選手を加えた4人が準決勝を戦う

女子シングルスでは、世界のトップ4を占有する中国選手がいずれも勝利し、この時点で、中国のこの種目のタイトル獲得が確定した

各種目準々決勝の試合結果

【男子シングルス】 リン・ダン中国、世界2位)〈21-15,21-6〉佐々木翔(世界9位)、チェン・ジン中国、世界6位)〈21-16,21-19〉ハンス・クリスチャン・ビティンガス(デンマーク、世界22位)、チェン・ロン中国、世界4位)〈21-10,22-20〉イ・ヒョンイル(韓国、世界13位)、ピーター・ゲード(デンマーク、世界3位)〈17-21,21-14,21-16〉ドゥ・ペンユ中国、世界8位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン中国、世界1位)〈21-8,21-12〉サイナ・ネワル(インド、世界5位)、ワン・シーシャン中国、世界2位)〈21-16,21-12〉ユリアン・シェンク(ドイツ、世界8位)、ワン・シン中国、世界3位)〈21-16,21-13〉ティネ・バウン(デンマーク、世界6位)、ジアン・ヤンジャオ中国、世界4位)〈21-12,21-13〉リウ・シン中国、世界11位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)〈21-18,21-14〉アンドリュー・エリス/クリス・アドコック組(英国、世界20位)、コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界4位)〈22-20,21-16〉シェン・イェ/ホン・ウェイ組中国、 世界18位)、チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界2位)〈15-21,21-16,21-13〉クー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア、世界5位)、マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク、世界3位)〈22-20,23-21〉モハンマド・アーサン/ボナ・セプタノ組(インドネシア、世界6位)

【女子ダブルス】 ワン・シャオリ/ユー・ヤン組(中国、世界1位)〈21-10,21-17〉キム・ハナ/ジュン・キュンユン組(韓国、世界15位)、ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界4位)〈21-10,21-14〉バオ・イーシン/ツォン・チエンシン組中国)、藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)〈21-18,21-16〉チェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組(台湾、世界5位)、パン・パン/チェン・シュウ組中国)〈21-19,5-21,12-21〉タン・ジンファ/シア・フアン組(中国、世界85位)

【混合ダブルス】 ツァン・ナン/ツァオ・ユンレイ組中国、世界1位)〈18-21,1-1棄権〉シュー・チェン/マー・ジン組(中国、世界9位)、ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、世界5位)〈21-15,21-16〉トーマス・レイバーン/カミラ・リタ・ユール組 (デンマーク、世界13位)、クリス・アドコック/イモジェン・バンキア組(英国/スコットランド、世界16位)〈21-19,15-21,16-21〉ユ・ヨンソン/チャン・イエナ組(韓国、世界104位)、ロバート・ブレア/ガブリエル・ホワイト組(スコットランド/英国、世界24位)〈21-17,19-21,9-21〉V.ディジュ/ジュワラ・グッタ組(インド、世界56位)

 

準決勝の組み合わせは以下の通り。とりわけ男女シングルス8人のうち7人を中国選手が占め、自国開催のSSで圧倒的な存在感を示している

【男子シングルス】 リン・ダン(中国、世界2位)対チェン・ジン(中国、世界6位)、ピーター・ゲード(デンマーク、世界3位)対チェン・ロン(中国、世界4位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界1位)対ジアン・ヤンジャオ(中国、世界4位)、ワン・シーシャン(中国、世界2位)対ワン・シン(中国、世界3位)

【男子ダブルス】 カイ・ユン/フー・ハイファン組(中国、世界1位)対コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界4位)、チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界2位)対マシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク、世界3位)

【女子ダブルス】 ワン・シャオリ/ユー・ヤン組(中国、世界1位)対ツァオ・ユンレイ/ティエン・チン組(中国、世界4位)、藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)対タン・ジンファ/シア・フアン組(中国、世界85位)

【混合ダブルス】 シュー・チェン/マー・ジン組(中国、世界9位)対ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、世界5位)、V.ディジュ/ジュワラ・グッタ組(インド、世界56位)対ユ・ヨンソン/チャン・イエナ組(韓国、世界104位)

Advertisements

No comments yet... Be the first to leave a reply!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: