HAYAKAWA/ENDO can not stop China’s clean sweep

チャイナマスターズSS決勝、早川賢一・遠藤大由組は、今後の中国男子ダブルス界をけん引する役割も期待されるツァン・ナン/チャイ・ビアオ組にストレートで敗退。SS初制覇はお預けとなった。日本選手で過去に上位大会のSSで優勝したのは、女子ダブルスの末綱聡子・前田美順組(2010年デンマークオープンSS、2011年インドオープンSS)と男子ダブルスの平田典靖・橋本博且組(2011年インドオープンSS)のみ 第1シードに入った早川・遠藤組は、7月のUSオープングランプリ(GP)ゴールドに続く今年2勝目を狙ったが、第1、第2ゲームともに実力ある中国ペアに振り切られた。

HAYAKAWA/ENDO to aim for SuperSeries title

チャイナマスターズSS準決勝、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組は、タイのエースに成長したマニーポン・ジョンジット/ボディン・イサラ組を相手に、今大会初めてゲームを落とすも、最後はしっかりと締めて快勝。SS初タイトルをかけて、決勝でロンドン五輪混合ダブルス金メダルのツァン・ナン選手が男子ダブルス世界6位のチャイ・ビアオ選手と組む若き中国ペアと対戦する 女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組は、第1ゲーム序盤、中国ペアをリードするも逆転され、中盤以降は追い付けなかった。第2ゲームに入っても相手に渡った流れを変えることはできず、ストレートで敗れた

Men of Korea deny China’s dominance

チャイナマスターズSS決勝、ホスト国中国による全種目制覇を、韓国男子ダブルスのエースペア、チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組が阻止した 準々決勝でクー・ケンケット/タン・ブンヒョン組(マレーシア、世界5位)、準決勝でマシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク、世界3位)と、強豪2ペアをいずれもフルゲームの末に下し勝ち進んできた韓国ペア。決勝の相手は、8月の世界選手権で3大会連続、通算4度目となる世界チャンピオンの称号を手にしたばかりの中国カイ・ユン/フー・ハイファン組(世界1位)で、厳しい試合となることが予想された。しかしふたを開けてみると、第1、第2ゲームともに韓国ペアが試合を支配し、反撃の機会を与えることなく、わずか38分で世界チャンピオンを退けた

Japan’s loss brings another title to China

チャイナマスターズSS、女子ダブルス準決勝に藤井瑞希・垣岩令佳組(世界3位)が出場したが、中国ペアにストレート負けで決勝には進めなかった。この結果、この種目の決勝も、中国選手がベスト4を独占した女子シングルスと同様、中国同士の対戦となった 対戦相手のタン・ジンファ/シア・フアン組は、世界ランクは85位と下位ながら、2009年世界ジュニア選手権の優勝ペアで、今大会では、8月の世界選手権でともに銅メダルを獲得した末綱聡子・前田美順組(世界2位)とジュワラ・グッタ/アシュウィニ・ポンナッパ組(インド、世界18位)を下す金星を上げている 第1ゲーム前半は競り合いとなるが、7-8とリードされた場面から一気に引き離され、このゲームを10-21の大差で落とす。第2ゲームに入っても中国ペアのペースで試合が進み、藤井・垣岩組は何とか追いすがるも一度も追い抜くことはできず、18-21で敗れた 中国開催のSSでの日本ペアの準決勝進出は十分評価に値する。しかし今大会、世界ランク上位に位置する末綱・前田(世界2位)、藤井・垣岩(世界3位)、松尾・内藤(世界7位)の3組がいずれも中国の若手に屈しており、次世代も見据えた戦略的な中国対策の必要性が明確に露呈した