HAYAKAWA/ENDO to aim for SuperSeries title

チャイナマスターズSS準決勝、男子ダブルスの早川賢一・遠藤大由組は、タイのエースに成長したマニーポン・ジョンジット/ボディン・イサラ組を相手に、今大会初めてゲームを落とすも、最後はしっかりと締めて快勝。SS初タイトルをかけて、決勝でロンドン五輪混合ダブルス金メダルのツァン・ナン選手が男子ダブルス世界6位のチャイ・ビアオ選手と組む若き中国ペアと対戦する

女子ダブルスの松尾静香・内藤真実組は、第1ゲーム序盤、中国ペアをリードするも逆転され、中盤以降は追い付けなかった。第2ゲームに入っても相手に渡った流れを変えることはできず、ストレートで敗れた

なおこの日、男子シングルス準決勝のチェン・ロン対ドゥ・ペンユの中国対決で、格下のドゥ・ペンユ選手が棄権し、チェン・ロン選手は労せず決勝に進んだ

各種目準決勝の結果

【男子シングルス】 チェン・ロン(中国、世界3位)〈棄権〉ドゥ・ペンユ(中国、世界10位)、フ・ユン(香港、世界21位)〈21-16,21-18〉アジャイ・ジャヤラム(インド、世界29位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界1位)〈21-13,21-9〉サプシリー・タエラッタナチャイ(タイ、世界34位)、ジアン・ヤンジャオ(中国、世界9位)〈21-10,14-21,21-19〉P.V.シンドゥ(インド、世界24位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界10位)〈21-18,19-21,21-11〉マニーポン・ジョンジット/ボディン・イサラ(タイ、世界14位)、シェン・イエ/ホン・ウェイ(中国、世界11位)〈13-21,21-23〉ツァン・ナン/チャイ・ビアオ(中国、世界1019位)

【女子ダブルス】 バオ・イーシン/ツォン・チエンシン(中国、世界5位)〈21-1,21-14〉ゴー・リュウイン/リム・インルー(マレーシア、世界43位)、松尾静香・内藤真実(世界11位)〈16-21,13-21〉チェン・シュウ/ルオ・ユー(中国)

【混合ダブルス】 シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界1位)〈21-18,15-21,21-11〉チャン・ペンスーン/ゴー・リュウイン(マレーシア、世界9位)、スッケー・プラパカモン/サラリー・トウントンカム(タイ、世界6位)〈16-21,21-19,17-21〉チウ・ツィハン/タン・ジンフア(中国、世界164位)

 

決勝の対戦カードは以下の通り。女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3種目は同国対決となり、既に中国勢の3冠が確定している

【男子シングルス】 チェン・ロン(中国、世界3位)対フ・ユン(香港、世界21位)

【女子シングルス】 ワン・イーハン(中国、世界1位)対ジアン・ヤンジャオ(中国、世界9位)

【男子ダブルス】 早川賢一・遠藤大由(世界10位)対ツァン・ナン/チャイ・ビアオ(中国、世界1019位)

【女子ダブルス】 バオ・イーシン/ツォン・チエンシン(中国、世界5位)対チェン・シュウ/ルオ・ユー(中国)

【混合ダブルス】 シュー・チェン/マー・ジン(中国、世界1位)対チウ・ツィハン/タン・ジンフア(中国、世界164位)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s