Archive | July 16, 2011

Only Sho and Sayaka survive to Finals

USオープンGPゴールド、日本からシングルス3人、ダブルス5組が準決勝に臨んだが、決勝に駒を進めたのは男子シングルスの佐々木翔選手と女子シングルスの佐藤冴香選手のみとなった 女子シングルスの佐藤選手は、タイ期待の16歳、ラッチャノク・インタノン選手と対戦。佐藤選手にとって、これまで2戦2敗と相性の良い相手ではなかったが、前日、台湾のエース、チェン・シャオチエ選手(世界8位)に競り勝った勢いもあってか、連日のファイナルゲームとなるも見事にこれを制し、決勝進出を決めた 決勝では、今大会、2回戦で後藤愛(世界21位)、準々決勝で中国のルー・ラン(世界23位)、準決勝で廣瀬栄理子(世界17位)と、実力と経験を兼ね備えた格上の選手を次々破って勝ち上がってきた台湾の17歳、タイ・ツーイン選手(世界24位)とGPゴールドの初タイトルを争う 男子シングルスの佐々木選手は、格下の台湾シュエ・シュアンイ選手と対峙し、第1ゲームは一度もリードを許すことなく21-15で先取。続く第2ゲームは逆に先行される形で試合が進み、先に19-20とゲームポイントを握られるが、ここから着実に得点を重ね、22-20で逆転勝ちした

Continue reading