Archive | July 14, 2011

10 out of 40, Japanese players lead US Open

USオープンGPゴールド、ベスト8に残った日本選手は、男子シングルス1人(佐々木翔)、女子シングルス2人(廣瀬栄理子、佐藤冴香)、男子ダブルス3組(平田典靖・橋本博且組、早川賢一・遠藤大由組、佐藤翔治・川前直樹組)、女子ダブルス2組(末綱聡子・前田美順組、松尾静香・内藤真実組)、混合ダブルス2組(池田信太郎・潮田玲子組、佐藤翔治・松尾静香組) 5種目のベスト8の選手・ペアの総数(40)を国・地域別で見ると、日本10、台湾7、中国5、タイ5、韓国5、ドイツ2、インドネシア1、ベトナム1、香港1、米国1、グアテマラ1、オーストラリア1で、日本が最多となっている Advertisements

Continue reading