No top seeded players left in Semis

スイスオープンGPゴールド準々決勝、日本選手で勝ち残っていた男子シングルスの佐々木翔選手はインドネシアのシモン・サントソ選手に17-21,18-21、松尾静香・内藤真実組は韓国のキム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組に24-26,13-21といずれもストレート負けし、準決勝には進めなかった

日本選手がすべて姿を消した今大会は、各種目の第1シードが1人も準決勝に残らない波乱の展開となっている

エントリー後に負傷欠場を決めた女子シングルスのティネ・バウン選手(デンマーク、世界6位)のほか、◆男子ダブルスのマシアス・ボー/カールステン・モゲンセン組(デンマーク、世界1位)が2回戦でオランダのルート・ボッシュ/クーン・リデル組に◆男子シングルスのヤン・ヨルゲンセン選手(デンマーク、世界10位)が準々決勝でマレーシアのウォン・チューンハン選手に◆女子ダブルスのチェン・ウェンシン/チエン・ユーチン組(台湾、世界1位)が準々決勝でデンマークのカミラ・リター・ユール/クリスティナ・ペダーセン組に◆混合ダブルスのチェン・フンリン/チェン・ウェンシン組(台湾、世界1位)が準々決勝で韓国のイ・ヨンデ/ハ・ジュンユン組に――それぞれ敗れた

準決勝の組み合わせは以下の通り

【男子シングルス】 シモン・サントソ(インドネシア、世界12位)対イ・ヒョンイル(韓国、世界27位)、パク・ソンファン(韓国、世界15位)対ウォン・チューンハン(マレーシア、世界31位)

【女子シングルス】 サイナ・ネワル(インド、世界4位)対ベ・ヨンジュ(韓国、世界9位)、ユリアン・シェンク(ドイツ、世界8位)対ソン・ジヒョン(韓国、世界19位)

【男子ダブルス】 チョン・ジェソン/イ・ヨンデ組(韓国、世界2位)対ヘンドラアプリダ・グナワン/アルベントユリアント・チャンドラ組(インドネシア、世界10位)、コ・ソンヒョン/ユ・ヨンソン組(韓国、世界4位)対ファン・チーミン/リー・シェンム組(台湾、世界7位)

【女子ダブルス】 グレイシア・ポーリー/メイリアナ・ジャウハリ組(インドネシア、世界8位)対ジュン・キュンユン/キム・ハナ組(韓国)、キム・ミンジュン/ハ・ジュンユン組(韓国、世界28位)対カミラ・リター・ユール/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、世界39位)

【混合ダブルス】 ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/クリスティナ・ペダーセン組(デンマーク、世界8位)対イ・ヨンデ/ハ・ジュンユン組(韓国)、ネーサン・ロバートソン/ジェニー・ウォールワーク組(英国、世界12位)対タントウィ・アーマド/リリアナ・ナッチル組(インドネシア、世界20位)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s