Tag Archives: Carolina MARIN

Top shuttlers gathered at Japan Open under name of Yonex

今シーズンのスーパーシリーズ(SS)第8戦ジャパンオープンが19日、東京・渋谷で開幕。本戦スタート前の記者会見には、前週の韓国オープンSSを欠場した世界のトップもずらり顔を揃えた Advertisements

Continue reading

Champions fall in first round struggling at unfamiliar venue in Jakarta

インドネシアオープンスーパーシリーズ(SS)プレミアは12日に開幕。14日までに各種目の1回戦を終えたが、ディフェンディングチャンピオンの高橋礼華・松友美佐紀組を含む複数の五輪メダリストが早々に敗退した。皆が同じ条件のため誰も言い訳にしていないが、試合会場の変更が影響しているのは否定できない

Continue reading

Premier League kicks off with re-match of Rio’s women’s singles final

インドのプロリーグ、プレミアバドミントンリーグ(PBL)が1日、ハイデラバードで開幕。リオデジャネイロ五輪女子シングルス決勝と同一カード、「カロリナ・マリン対プサルラ・ヴェンカタ・シンドゥ」で2週間続くシーズンをスタートさせた

Continue reading

No ChongWei, No Carolina in Paris

フレンチオープンスーパーシリーズ(SS)が25日、パリで開幕したが、前週デンマークオープンに出場した世界トップのうち、男女シングルスの世界ランク1位、リー・チョンウェイ選手とカロリナ・マリン選手がともに体の不調を理由に出場取りやめ。男子ダブルスでも第1シードの中国ペアが欠場しており、SS初優勝の選手を生みやすい大会で、今回もそのチャンスが広がった

Continue reading

Day 9 in Rio : China era of dominance in WS ended by Carolina

リオ五輪バドミントン競技9日目、2000年シドニーから4大会連続で中国が独占してきた女子シングル女王の座に、新たにスペインのカロリナ・マリン選手がついた。非アジア圏の選手がこの種目で金メダルを取るのは初めて。一方、男子シングルス準決勝注目のライバル対決は、マレーシアのリー・チョンウェイ選手が2大会連続金メダルの中国リン・ダン選手を五輪で初めて下し、決勝に進んだ

Continue reading