Archive | For Japan RSS feed for this section

No Japanese in finals, Akane loses to Ratchanok thrice at All England

全英オープンSSプレミア準決勝、山口茜選手が3年続けてラッチャノク・インタノン選手に敗れ、日本勢の決勝進出はなし。また、決勝で期待された男子シングルス屈指の好カード、リー・チョンウェイ対リン・ダンも実現しなかった Advertisements

Continue reading

5 years pass, high school kids become world class athletes

全英オープンSSプレミア2回戦、日本勢は男女シングルスのエース、桃田賢斗選手と奥原希望選手が問題なく準々決勝に進んだ。ダブルスでは早川賢一・遠藤大由組と高橋礼華・松友美佐紀組、それに、同国対決を制した福万尚子・與猶くるみ組がベスト8に名乗りを挙げた

Continue reading

Three and a half years passed : Two Asian coaches meet at Tokyo finally

2011年3月11日に発生した東日本大震災から3年半。きょうは、先ごろ東京の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われたジュニアの国際大会における、1つの「アジアの出会い」を紹介する

Continue reading

3-year passed : Still PRAY n PLAY 4 Japan

Three years have passed since the Great East Japan Earthquake occurred on 11 Mar 2011. BadPaL sends a message of ‘PRAY&PLAY for JAPAN‘ not to forget people who are still suffering from damages and to support them 未曾有の被害をもたらした東日本大震災が発生した2011年3月11日からきょうで3年が経過した。BadPaL は、今も苦しんでいる人たちがいることを忘れず、支援の気持ちを伝えるために、今年も「PRAY&PLAY for JAPAN」のメッセージを発信する

Continue reading

‘PRAY n PLAY 4 JAPAN’ supported by Danish in the Philippines

アジア優勢のバドミントン界にあって、世界で勝てる数少ないヨーロッパ選手として長く世界のトップで活躍し続け、昨年末、36歳で現役を引退したデンマークのピーター・ゲード氏が、先ごろエキシビション参加のために訪れたフィリピンで、BadPaL がアジアで2011年3月以降実施している、東日本大震災の被災者支援活動「PRAY&PLAY for JAPAN」に協力してくれた 震災発生から2年半が経過した2013年9月11日に紹介するゲード氏は、「母国デンマーク以外で住みたい国をあげるなら日本。なぜそこまで好きかって?伝統や忠義など、理由を上げればきりがない」と公言してはばからないほど、日本に対し好意を抱いている。

Continue reading